2007年02月01日

豪雨の前兆 4

黒崎@豪雨の前兆 4


http://madammizushima.seesaa.net/article/32403378.html
美也子氏のところで興味深い考察がなされていた。
筆は抑えられていて、分かる人にしか分からない仕組みになっている。
私が興味を持った部分を抜粋・引用させていただく
(仔細は原典にあたってください)。

○「責任というのは、基本的に、『自分の側が』したことに対してのみ、あるのだ、ということです」
某所で拾った言葉です。
自分が悪いわけではないのに、相手が不機嫌だったとしたら、それは自分の責任ではありません。
逆に、自分の言動のせいで相手を傷つけたり、誰かに借りを作ったとしたら、その埋め合わせをするのは、自分の責任です。

ところが、幼い子どもというのは、たとえば、親が不幸そうにしていたら、それは自分が良い子でなかったからではないのか、と思って、心を痛めるのです。
しかも、ダメな親というのは、単に不幸な様子を子どもの前に見せるだけでなく、「おまえが悪い子だから自分はこんなに苦労しているんだぞ」「なんて親不孝な子なんだ」などと言います。
また、子どもがいじめられてくると、「いじめられたほうにも悪いことがあるんじゃないのか」と言ったりします。

そんなこんなで、こういう混乱した価値観で対応されて育った人たちというのは、親の不幸や両親の不和やいじめっ子の行いまで自分の責任だと感じ、それに対する責任の重さに圧倒されてすっかりまいってしまうので、自分が果たすべき責任だけを選り分けて、それにきちんと対応していく、ということができるだけの知恵と勇気を、持てなくなってしまっているのです。(引用終)

手放せといった私があれなんですが、今回の成り行きにはどうもやりきれない気分と幾許かの「責任」を感じています(笑)。

――――――――――――――――

○BBさんの今日のエントリにも、責任という言葉が何回か出てきた。
http://d.hatena.ne.jp/BigBang/20070131/p1

>多くの人が注目している会合について、ああいう報道がされたら、その記事が正しいのか、間違っているのか、それを説明する努力をする責任が我々全員にあったと今でも思っている(BB氏発言)。

>懇談会の件は、全てがあなたの責任だとは今は思っていない。(責任がないとももちろん思っていない)(同上)。

上については、既に説明責任は果たされていると私は思う。
下については、では松永さん以外の誰に責任があるのか、私にはさっぱり解らない。
なので

>問題なのは、当事者である松永さんと未だにしっかりとした疎通ができていないことにある。そこは、何とかもう一歩前に踏み出すべきであると考えて、今の局面になっている(同上)。

とBBさんはおっしゃるけれども、私はそれに頷けないのです。
ちょっと話がずれて申し訳ないのですが、この件について語る場合はやむを得ないですよね?
(上記、美和子氏発言)
―――――――――――――――――――――――――――――――――

若い読者に説明すると、上記美也子氏発言の『「責任」(笑)』というのは、いわゆる括弧付のそれである。BB氏の発言を踏まえている。
BB氏の言はこうであった。
http://d.hatena.ne.jp/BigBang/20070131/p1

上記、私が読んでいて、微妙に違和感が残ったのは例えばこの辺りである。
「私は、多少なりとも縁を持った人が攻撃されれば、それをまるで自分に対する攻撃のように受け止める性質がある。友人が侮辱されたり名誉を傷つけられれば、それを自分への侮辱のように感じる性向がある。それは認める。
だが、自分のその苛立たしさををいくら伝えようとしても、伝わらないものは伝わらない。それもわかっている。しかし、これが人格だからそう簡単に変えようがない。あなたが「見せかけの社会正義」を極端に(と見える)嫌悪するのと同様に、私はこうしたときの「人間の卑怯」を嫌う。それだけのことだ。人はみな別の人格なので、こだわりのない人には、いくら説明してもその生理的不快感は伝わらない。それでも何回も伝えないと伝わらないのも事実だけれど」

この、人造の砂粒をかみ当てたような感じをどう説明すれば良いのか。
しばらく考察してみたい。

posted by 黒崎 at 12:45 | TrackBack(0) | 夜話「豪雨の前兆」 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。