2006年10月30日

半月

黒崎@半月


つまりは野暮なんだな、ということであろうか。
粋と野暮のあいだ、というのは判別し難く、野暮を恐れていてそれにはならないが、かといって岩波に線を引いたから理解できるものでもない。

ここで具体例を挙げるのは酷だろうが、例えばWikipediaの芸名を本人自らが執拗に編集する行為は明白に野暮である。
その癖、かつてのプロバガンダ的思考は今はないのだとノベても誰も信用はしない。
一緒に飯を喰った友人に代行させればいいかというと、それも人選で、本人は「はてな」のキーワードで延々と自画自賛をしていたりする。
こういった遊び、あるいは狭い世界でのぐるぐる巻きは、遠くから眺めていると非常に切ないものがあって、だいじょぶですか、と問いかけたいところもあるが、聞く耳を持たないブクマ450であるから致し方ないようだった。
我等のブクマヒーローは、肌もすべすべなのだと自分で書く。
こうなると、野暮というよりもまた違うニュアンスが滲んでくる。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
posted by 黒崎 at 18:46 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26469858
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。