2006年10月17日

十月

黒崎@十月


空港のレストランで食事をしたのだという。
それを喜んでいる女がいて、どうしたものか迷った。
背後にあるのが幾重にも折り曲げられた女心だとしても、眼に見えるやり方というのは次第に下品になってゆく。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
posted by 黒崎 at 19:47 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。