2006年10月12日

寝てから言えよ

黒崎@寝てから言えよ


あるところにこんな台詞がある。告知する訳である。

>初めて会った女性に、話の流れで「実は……」と話したら、引かれるどころか、逆に興味を持たれたようだった。人の反応は予想できない。

こういうのを眺めていると、悪いが女心の機微が分からないまま過ぎてきたのだなと僅かに辛いものがあった。
寝てからそう言った方がいいのではあるまいか。
わー、すごい、と言って瞳に星というのは概ね定番である。
自分には関係がないと決めてかかっているからなのだ。

一方でWeb2.0の次にくるものと「真理」をどうにか絡めないかと思考実験をくりかえし、一方で思春期の若者のように初心だという。
このアンバランス。空白の10数年。
ネット以外に居る場所がないという側面も否定しがたい。

しかしまあ、リアルさとは女との具体的な厄介から出てくるところもある訳で、がんばれよな、とも言いたい。
次へ駒をね。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
posted by 黒崎 at 12:55 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。