2006年10月03日

黒鮫乙

黒崎@黒鮫乙


資料の中にある以下の記述に留意されたい。
「左翼的な言動で中立を装う」
左翼的言動というところを、随時別の言葉に置き換えてみると分かるだろう。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
基本的に私は、鮫のヤローの放談の通りであろうかと思っている。
http://blog.livedoor.jp/soul_shadows/archives/50249420.html
どの部分が、と言われてもそれは想定してください。

内心の自由、職業選択の自由。自己責任と社会的な扶助。
一般論はそれとして。
例えばこの東京では何をしても食べてはゆけるのであって、自分の望むような位置に立てないからといって社会や当面の誰かを恨むのは、どこか筋違いである。
ネットの世界もまた現実世界の投影・その断片であるが、悪いけど前のようにはゆかないのではなかろうか。

posted by 黒崎 at 07:01 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24808467
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。