2006年08月26日

FIVE MINUTES MORE

黒崎@FIVE MINUTES MORE


ま、そこは流れで。

posted by 黒崎 at 07:15| Comment(129) | TrackBack(0) | ひとごと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「忙しいんだ、後にしてくれ」
とかいう。
Posted by 黒崎 at 2006年08月26日 08:33
どこに旅にいってたんですか?
2ちゃん、黒崎氏がいないんで悪口のセールでしたよw
Posted by 匿名者 at 2006年08月27日 14:34
まあ、読みましたけどねえ‥‥
私あそこ一回も書いてないんだよな。理由はよく分からないけど、ひとつのルールとしてさ(笑)
ま、いいんじゃないですか。
名指しで嫌われるってことは、それだけ有効だったってことを認めてんでしょうかね。
Posted by 黒崎 at 2006年08月27日 22:42
しかしまあ、次いこう、ってところ。
ブロゴスフィアなんて言葉、極めて馬鹿らしいなと思う次第。
ブロガーと市民記者を分けて討論するのもおかしなものでw

Posted by 黒崎 at 2006年08月28日 16:01
黒崎氏はオーマイについては?
Posted by とおりすがり at 2006年08月29日 02:34
んん、言い難いことですが、写真写りというのは大事ですね。
Posted by 黒崎 at 2006年08月29日 06:46
こんにちは。

黒崎さん。旅から戻ってきて、
オマイニュースに悪戯しようと思ったら、
あまりの惨状に、呆然と口を開けてモノも言えない、
という姿が脳裏をかすめている私です。
Posted by けろやん。 at 2006年08月29日 06:54
どうもっす。いや、実名制というルールの下で遊ぶならそれはそれ。
という気分もあるんですよ。ゲスト公開されたパソ通でも別にいいじゃんかという。
システムの上ではね。
ただ、まあ編集部がしっかりしてないとアレでございますが。心もとないが。
http://www.labornetjp.org/news/2006/0824/
こんなのもあるんで、こんどの土曜の奴は広報の一環でしかないでしょうw
暫く続きますよ、そういうのは。
Posted by 黒崎 at 2006年08月29日 07:09
もひとつ書くと、例えばネット上で「諸君」とか「正論」とか「前衛」とか「軍事研究」とかが市民記者集めてもいいんで、世は商売なんですよ。
グーグルのエンジンが公平だと信じている佐々木氏は思考に穴があるw 単にポストモダンやんけ。
藤代氏も世渡り旨いように見えて、実はgooの職員だとばらしていますから、冷静に考えるとおかしいですね。選挙特集とか、あれは一体どうだったんだい?という。
まだ見ぬネット満州国の利権を巡ってのフリーライターとヤメ記者の陣地取りみたいなところがあろうかと思ってます。壮士ごっこか。
このシンポってのは、いかにも労組的でもあるんです。垢抜けなさといい。
Posted by 黒崎 at 2006年08月29日 07:31
労組的ってなんですか?
Posted by と at 2006年08月29日 07:44
んー、説明しにくいですけど、青年部の分科会とかに顔だしてみると分かりますよ。
そういう機会は少ないですけど‥‥。
Posted by 黒崎 at 2006年08月29日 15:21
黒さん、なに弁当氏と文通してんすかw
Posted by /// at 2006年08月29日 18:21
関係ないけど、
ブルースハーブをつい右手で、
握り、左手を添えるクセが治りません(´・ω・`)。

あと、ちょっと前、
あれほど美味しかった、
ハイボールがあまり美味しくないです(´・ω・`)。

Posted by けろやん。 at 2006年08月29日 21:39
いや、文通って訳でもないんだけどねw
ちょっと連帯のエールというかハッパをかけてみただけですよ(笑)
はてな安住の地じゃね、妙齢にももてねーだろうと。
Posted by 黒崎 at 2006年08月30日 06:38
BB氏のオーマイの分析、すごいなー。こういうの書くと氏はたいしたもんです。
で、はてなとかmixなんかと比較しても面白いかもですね。遊び場の実態分析という。


Posted by 黒崎 at 2006年08月30日 06:45
>ちょっと連帯のエールというかハッパをかけてみただけですよ(笑)
黒崎さんはやっぱり感覚がずれているんじゃないかな・・
Posted by エレニ at 2006年08月31日 04:29
>感覚がずれて
(笑) 姐御にはこういうのはわかんねーだろうなあ‥‥いや、いいんですよそのままで。
Posted by 黒崎 at 2006年08月31日 09:31
いや単純に、「通じてないんじゃないの?」ということなんですが。
Posted by エレニ at 2006年08月31日 11:14
「通じてなかったんじゃないの?」ですね。

最後のエントリがなかったら、単なるアヤ付けだし。

黒崎さんは、まず相手を脅しつけるようなやり方が身についてるんですよね。
その辺やっぱり見てる方はビビるんだけど、実はあんまり自覚ないのかなと。
じゃあやっぱり変な人だなと思って。

あれ、このコメントも変か。
Posted by エレニ at 2006年08月31日 11:29
変もアヤ付けも、お互い様ってことでw
それに「通じました」なんて素振、見せる訳ないじゃん‥。
Posted by 黒崎 at 2006年08月31日 11:39
どこにどう反応するかってのは、その人の状態の鏡みたいなところもありますね。「道具とその弟子」については、その後の文との絡みが主眼なんです。一定の、与えられた枠の中で遊んでいるのだと。その中で例えばアクセスを稼ぐには方法があり、日々廻してゆくにも方法があると。
で、そんなものかね、という。
Posted by 黒崎 at 2006年08月31日 12:04
>それに「通じました」なんて素振、見せる訳ないじゃん‥。
途中までの話ですってば。何でここまで書かせるんだか。

>変もアヤ付けも、お互い様ってことで
それは絶対に同意しませんよ、私は。
Posted by エレニ at 2006年08月31日 12:11
黒崎、ここで空を見上げる。
Posted by 黒崎 at 2006年08月31日 12:20
社説に毎日アヤつけるのは一番安全な遊びなんですよ。反論してこないもんね。
と、こういう毒を混ぜてみる。

「まず相手を脅しつけるようなやり方が身についてるんですよね」
と、読み取るのもいいんだけど、これもなかなかな発言なんだよな(笑)
Posted by 黒崎 at 2006年08月31日 12:35
弁当さんが何言っているかわかんない総括してますが、つまりはブロガー同士ということですか?
エレニさんの名前も出てますが‥‥
Posted by とおりすがり at 2006年08月31日 12:51
>「まず相手を脅しつけるようなやり方が身についてるんですよね」
>と、読み取るのもいいんだけど、これもなかなかな発言なんだよな(笑)

これがジョークだって事くらい読み取ってくださいよ(泣
まんま言うほど無神経じゃないですよ。
自分は「毒」だって、きつい冗談言うくせに、まるっきりすれ違ってるじゃないですか。


私が無神経でした。どうもすいません。
私が悪かったです。


ほんとにごめんなさい。
Posted by エレニ at 2006年08月31日 16:17
黒崎、もどってきて酒を嘗めようかと瓶を取り出す。

Posted by 黒崎 at 2006年08月31日 23:16
コメントを書いてみたけど、これを公の場に出すのはどうもなあ、という気がするので割愛している黒崎。
ま、ぶきっちょなんだよ。私ではなく。
Posted by 黒崎 at 2006年08月31日 23:33
弁当氏の総括らしきもの読みましたけど、視点がブロガーという円の中でだけで完結してますね。
とても退屈。ま、あんなもんでしょう。
Posted by 黒崎 at 2006年08月31日 23:46
こんにちは。
語るに野暮だけど、
極東さんは本を作られた(作った?)みたいですね。
http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20050720/1121853713

あ、これR30さんへの挑発です、ヘヘヘ。
Posted by けろやん。 at 2006年09月01日 06:50
見事な全集で。慶賀の至り。
ま、いいんだけど、あちこち、仕方ねーなあ、という按配。
もすこしバトルでもなんでも、旨くやりましょうよ(笑)
Posted by 黒崎 at 2006年09月01日 22:58
いっそのこと、「ということに」しておいてもいいです。
反省しっぱなし。
Posted by エレニ at 2006年09月02日 02:37
それが悪いのか。
Posted by エレニ at 2006年09月02日 02:38
なんか見舞いにいくのが試金石みたいになっているけど、明白に変。
そういう間柄じゃない。社会常識から言ってもね。
いちいち相手にしないことだよw
Posted by 黒崎 at 2006年09月02日 16:32
BB氏のところに仔細なレポートあり。「いずれ消えゆく人」は、それ以前に掲載。
厳密には修正すべき箇所あるかとも思うけど、大筋ではこんなもんでしょうw
しかし、おもしろいな。
Posted by 黒崎 at 2006年09月03日 05:39
>佐々木氏
「アルファブロガーといったって偉いわけでもなんでもない。R30が凄いとかとか言うけど、オウム真理教の問題で炎上したりした。」

BB氏のレポートにあって、あちらにもコメントしたけど、これはヒデー発言かな。鮫のヤローとかいう、互いにワルクチを言いあう間柄が一定部分で公認されているならともかく。そうでもなさそうな文脈。
一緒にインタビューした仲だろうに。自分んとこコメント開けてなかったからだけじゃん。むーん。
Posted by 黒崎 at 2006年09月03日 05:50
>なんか見舞いにいくのが試金石みたいになっているけど、明白に変。
>そういう間柄じゃない。社会常識から言ってもね。

うん。それはわかってるんですよ。そうではなくて、自分の文脈で違う意味で考えていたんですね。

たぶん傍目には私がいろんな批判を気にしてるように映ると思うんだけど、
私は人の目とか声とかを、元々自分の所作に利用する所があるんです。
それが理の通っていない揶揄であればあるほど、
自分の文脈を洗いなおすには利用価値があるんですよ。

自分の文脈押し通して道間違えたら、他人に致命的なダメージを与える事もあるので。
Posted by エレニ at 2006年09月03日 08:12
なんか説明したら自分語りみたいになってしまった。すいません。
Posted by エレニ at 2006年09月03日 08:15
>自分の文脈押し通して道間違えたら、他人に致命的なダメージを与える事もある

んー、エレニさんの文章にそれほどの力は無いでしょ。
Posted by 鮫島 at 2006年09月03日 13:10
(笑)
Posted by エレニ at 2006年09月03日 14:42
ま、彼には彼の人生があるんだし、それは自分で決めること。脱会者の社会復帰のモデルケースにするには特殊すぎる。通りのいいことを並べることもできるんだが、それはね。
Posted by 黒崎 at 2006年09月03日 15:12
「奴は死んだ。つまり負けたんだ。負けた奴は裸にならなくちゃいけねえさ」(麻雀放浪記より)
Posted by ドサ健 at 2006年09月03日 15:34
お、いいハンドル名。出目徳、女衒の辰はいずこ(笑)
Posted by 黒崎 at 2006年09月03日 16:34
http://d.hatena.ne.jp/yetanother/20060902
いいエントリーですね。
Posted by 黒崎 at 2006年09月04日 11:21
相手みて遊ばないと、今流行の自意識の強い馬鹿を呼び寄せることになります。
Posted by 黒崎 at 2006年09月04日 19:09
お褒めに預かりまして、ありがとうございます。続きを書くと書いたものの佐々木氏が結局何を言いたいのか読み取ることができず、はてどうしたものかと悩んでおります。
Posted by yetanother at 2006年09月04日 19:22
BB氏のとこのレポートの2と、準備ブログのスタッフ紹介辺りを今の段階で読み返しますと、なるほどねえという感触はありますよ。
ジャーナリズムとベンチャーってのがひとつの捉え方なのかなと、漠然とした予感。
佐々木氏のは、左翼を批判する時の俗説ですね。いつもどおりのワンパターン。内容はありませんw
Posted by 黒崎 at 2006年09月04日 22:31
こんばんは。
あのお、変な質問なのですが、
黒崎さんって、猫を飼っていますか?
Posted by けろやん at 2006年09月05日 01:37
いや、このところずっといないですよw
Posted by 黒崎 at 2006年09月05日 06:25
「脅えながら先へゆく」ってこともあんだぜ。
Posted by 黒崎 at 2006年09月05日 06:41
こんにちは。

そっか、猫、飼ってないのですか。
いや猫を連れた黒崎さんらしき人を見かけてね。
人違いだったのかなあ(´・ω・`)・・・

>仕事が呼んでいる。
指折り数えなかった私は大人です。
Posted by けろやん。 at 2006年09月05日 08:06
>一般に仕事というのは、えてして吐き気がしそうなものである。
これだけで深く頷いた私は子供です。

人違いでしょう>けろやん。(←最初、ミスタイプでえろやんと出てびっくり)


Posted by 美也子 at 2006年09月05日 16:14
>美也子さん
「えろやん」でも、
めろんやんでもいいですけど。
・・・メジャーになるに当たって、
けろやんとは、変な名前をつけてしまったよ(´・ω・`)
と後悔しています。

くだらないレスを失礼。
Posted by けろやん at 2006年09月05日 20:12
たまにね、犬連れて赤坂陸橋の下に座ってんだけどねw
期限が切れた弁当もってきてくれるキャバクラのねーさんもいる。
Posted by 黒崎 at 2006年09月07日 06:10
私の車も2ヶ月ぶりに退院。
そろそろ本国からもパーツが入り難いのは、まあ仕方がないですね。
今度何処かを流しましょう(笑)
Posted by pspersearcher at 2006年09月08日 19:21
そうっすね、バンパー代替ないもんなあ。
そんときはそんときで、一個前のM5あたりかXJRか(見果てぬ夢か)。
それより私今二輪も一度乗りたくてですね。
モトグッチあたり。オイル滲ませながら‥‥。
土曜の都築インターは、結構マニアが集まってますね。S20の連中とか。そのうち、その辺で(笑)
Posted by 黒崎 at 2006年09月08日 23:21
大変、大変!!
サイコさんが皆のことを書くみたいだよ(´・ω・`)・・・

車好きの皆さん。
垣根涼介という作家の本、お勧めですよ。
甘いノワール小説(こういうの好き)を書いていますが、
ケレンとして、これでもか、ってくらいに車の話が出てきます。

私にはついていけないですが・・・。
Posted by けろやん。 at 2006年09月09日 07:41
ふーん、psychoちゃんね。私とは縁が薄かったんだけど、どう書いてくれるかなーw
ま、センスのいいのを頼むぜ。
Posted by 黒崎 at 2006年09月09日 15:22
Gripで、通りすがりが「按配」って使ってますよw 黒崎さんのがうつったか。
Posted by /// at 2006年09月09日 20:15
へぇ〜〜
「物語」ウンヌン本って、
どこからどうみても悪漢面の平野さんなんだ。
一頃、後追いかな?ソニーバイオが「物語」をアピールして笑った覚えがあります。

それにしても、
私のラブな歌田さんは何処いったんだろ?
ブログで、詰まらんエントリを書いてるだけ。
愚痴というか自己愛というか、あそこまで落ちたかって思いましたよ(´・ω・`)
Posted by けろやん。 at 2006年09月09日 21:06
http://www.arex-corp.com/about_us/staff/index.html

2002年入社、トレーナー、シニア・コンサルタントを経て2005年から現職。メディアトレーニング、クライシス・シミュレーション・ワークショップなどでジャーナリスト経験を生かした実践的なアドバイスに定評がある。arex入社前は日本経済新聞社の産業部次長(本紙担当デスク)。記者・キャップとして産業部(東京)、証券部(大阪)、西部支社(福岡)にて自動車、鉄鋼、機械、エネルギー、運輸、企業財務、コーポレートガバナンスなど幅広い産業分野を担当した。85年早稲田大学政経学部卒、02年カリフォルニア大学バークレー校ハース経営大学院MBA。

Posted by   at 2006年09月09日 21:45
情報どうもです。MBAって誰かを思い出しますねw
Posted by 黒崎 at 2006年09月10日 00:11
あー、疲れた。私はナニをシテイルノカ。
Posted by 黒崎 at 2006年09月10日 09:19
30ちょっとの妙齢と酒嘗める約束だったのになー。相方よく喰うからまあよかったとも言えるんだけどさー。
Posted by 黒崎 at 2006年09月10日 09:22
紹介してください(´・ω・`)<マジデ
ミニスカートを履かない人がいいなあ。
いや履いていないんではなくて、
えーと、ロングスカートとかズボン姿が好きな女性。あと、お酒が好きならいいなあ。
Posted by けろやん。 at 2006年09月10日 11:50
山に篭ると皆美人にみえるそうだw
でもまあ、500円のネクタイだときついよw
Posted by 黒崎 at 2006年09月10日 17:38
とかいって、私もユニクロのパンツ履いているけどw 30ちょっとだとミニは履かないよね。白日のモトでは。
Posted by 黒崎 at 2006年09月10日 19:10
ちょっと見なかった間に、ものすごく更新してますね。

それにしても、エントリとコメ欄の話題の乖離が著しいなと。
Posted by エレニ at 2006年09月11日 03:29
こんにちは。

>500円のネクタイだときついよw
やっぱり、そっかあ(´・ω・`)
よし!私もガ島さんみたいにノーネク、
胸空け姿で勝負することにしようかな!!

あ、エレニさんだ、元気ですか??
Posted by けろやん at 2006年09月11日 05:34
>あ、エレニさんだ、元気ですか??
あんまり元気じゃないですよ。

>よし!私もガ島さんみたいにノーネク、
>胸空け姿で勝負することにしようかな!!
体型が貧相だと、さらに悲惨な事になりますが大丈夫ですか?
Posted by エレニ at 2006年09月11日 05:45
>体型が貧相だと、
>さらに悲惨な事になりますが大丈夫ですか?
宿敵ガ島に負けるのは、
しゃべりと髪の長さとタッパ。
胸板の厚さでは負けんよ( ´`ω´)!!
Posted by けろやん。 at 2006年09月11日 06:43
おや、むきになってますね。
しかし、ガ島さんもそんなに体格のいい方には見えませんので張り合ってどうなるのかという気がします。

というか、黒崎さんところでガ島さんに言及するのは危険かもと思うので、逃げます。
Posted by エレニ at 2006年09月11日 07:59
あーあ、毒吐いてるしw 棚にあげて。
ま、ガ島氏は怖くないですよ、はい。声がでかくて作文がモンキリ型なだけです。
まあ、けろやん。ももうすこしいいのを仮想ライバルにしましょーね。
目立っているように見えるけど、あれで彼も随分イメージは低下してまんがなw 拍手してんのは子供だけ。


Posted by 黒崎 at 2006年09月11日 15:37
けろやん氏のとこで佐々木氏が編集委員に入った経緯が載ってましたが、ま、諸悪というか諸善の根源はDJ研なんでしょう。
Posted by 黒崎 at 2006年09月11日 16:07
>棚にあげて。
では黒崎さんはどうよと。

鳥越氏を業績はともかく、「映りがいいから」とストレートに評価した方は初めて見ましたけどね。
確かにあの歳であの容姿というのは「ひしゃげて」ないんでしょうが、
意識し過ぎているのが見ていてやや辛いかも。
Posted by エレニ at 2006年09月11日 16:42
(笑) 釣られてやんの。
ほんじゃあ、互いに評価しあうかい?
アホや
でもね、映像の力ってのはうかうかできないもんですよ。
Posted by 黒崎 at 2006年09月11日 17:11
>(笑) 釣られてやんの。
くそぉ(笑)
どうせ馬鹿ですよ。

>でもね、映像の力ってのはうかうかできないもんですよ。
何年か前、筑紫哲也氏のサマースタイルが、サナトリウムにいる老人にしか見えないと、
人と話していたことはあります。
Posted by エレニ at 2006年09月11日 18:37
うー、二日酔いだ。シガー2本とラム3杯。ギムレットとマティニと黒ビール。
Posted by 黒崎 at 2006年09月12日 14:34
水も出ねえやw
Posted by 黒崎 at 2006年09月12日 14:47
ヨッパライw
Posted by エレニ at 2006年09月12日 23:19
うー、チンボツしていたなー。ま、あっちのコメントの補足だけど、客選んでくれよw
相手にしないこった。
Posted by 黒崎 at 2006年09月13日 02:16
あれ、本当に二日酔いだったの?

>客選んでくれよw
話題が終われば自然にこなくなるんじゃないかなー。
Posted by エレニ at 2006年09月13日 11:39
ホントの二日酔。テッテー的に使い物にならなかった。人生が青森県。
Posted by 黒崎 at 2006年09月13日 13:14
何故私んとこと鮫んとこのコメント欄が荒れないか不思議だという声がありました。
まあ、くるならおいでってテグスネ引いて待っているからではないですかねえw
Posted by 黒崎 at 2006年09月13日 13:45
私もシュークリームを眺めたいっていうか食いたい。
Posted by BigBang at 2006年09月13日 15:31
いやヤバイところはわかるんでしょうw
Posted by /// at 2006年09月13日 15:33
黒崎さんこんにちわ。

ここや鮫島さんのブログは一度足を踏み入れたら二度と抜け出せない底なし沼なんでしょうか。
アマゾンの食虫植物みたいですね。
何故か不気味な比喩しか思い浮かびません。
健全な思考に戻るために甘いクレープ買ってきます。
Posted by 素浪人 at 2006年09月13日 17:35
黒崎氏のとこは結界があると思う‥‥w
Posted by とおりすがり at 2006年09月13日 17:42
お菓子でも、いいお酒入れれば入れるほどおいしいんですよね。
シュークリームだったら、私ならラムかブランデー。

レミーマルタンの社長の奥さんがお菓子作るのが趣味で、
自分のとこのコニャックをガンガン使うという話を聞いた事があります。
もったいないけどねw
Posted by エレニ at 2006年09月14日 08:49
風邪引いて部屋内キャンプしてる奴がいるから念力で届けてやれよw
Posted by 黒崎 at 2006年09月14日 14:10
あとひとつ。脱会のプロセスとかそれに至る経緯などには私個人は全く興味がない。ほんとのとこはどうなの?って尋ねてくのもその真意が分からない。
その隙間を誰かに旨く利用されてるんじゃないのかしらね。
Posted by 黒崎 at 2006年09月14日 14:19
やんわりとたしなめられても、分からない人もいますからね。そのくりかえし、夏からw
Posted by とおりすがり at 2006年09月14日 17:00
こんにちは。

よど号の話は私に書かせてください(´・ω・`)
最近、アクセス数が落ちてるhttp://d.hatena.ne.jp/keroyaning2/なんです><
Posted by けろやん。 at 2006年09月14日 20:27
アクセス数と内容はかんけーないっすw
Posted by 黒崎 at 2006年09月14日 23:27
けろやん。気にしすぎ。
Posted by BigBang at 2006年09月15日 02:02
noon76さんが怒っていたので、
事情を書いた。まあ、そういうことです(´・ω・`)
Posted by けろやん。 at 2006年09月15日 07:11
ま、違う話だけどね。前と後とで別人にみえるってのは認識が足りないと思う。十分に連続性はありますよ。

Posted by 黒崎 at 2006年09月15日 15:07
noon氏は美学的に怒ってんだなw
Posted by 黒崎 at 2006年09月15日 15:09
けろやん、ジャブがちょっと甘い。

このままじゃ負ける。

1エントリー1800円で、鮫島をコーチとして雇わないか。
Posted by 鮫島 at 2006年09月15日 22:44
代打は、半チャン50から
あんた 背中が煤けてるぜw
Posted by 黒崎 at 2006年09月15日 23:10
ここで意外なことに僕はけろやん。を見捨ててnoonの味方に・・・というのもやりにくい。というかシンガポールで鍛えた鉄拳は熱く強そうだ。
Posted by BigBang at 2006年09月16日 01:40
あれ、ここけろやん。のブログじゃなかった。黒崎さん失礼。 w
Posted by BigBang at 2006年09月16日 01:41
なんてね。尻が流れたらアクセルを踏む。これ鉄則です。
Posted by 黒崎 at 2006年09月16日 01:47
BB氏。どーっすかねえ、シンガポール。
四畳半で鍛えたサルマタケも強いんすよねw 牛丼汁ダク大盛り10分喰いとか。
Posted by 黒崎 at 2006年09月16日 01:52
ま、パンツひっぺがして塩まぶすくらいの覚悟でやってもらいたいものだと思っております。
私? 私は勝った方の味方w
Posted by 黒崎 at 2006年09月16日 02:16
悪い大人たち‥‥
Posted by 通りすがり at 2006年09月16日 03:10
皆、楽しそうでいいなあ。
Posted by けろやん。 at 2006年09月16日 05:09
サルマタケがわかる人が此処には大勢居そうだ(笑)
尻を流せるのが今度は長期入院となりました。普段乗りはリアエンジンだけど尻は流れないんす。
こらそこ、サンバートラックとか言わないように(笑)

単車はハーレー以外は似合わない体型になりつつあります・・・
Posted by papersearcher at 2006年09月16日 09:32
ま、一皮むけるかな、というところw 
そこそこの勝負してんじゃん。
Posted by 黒崎 at 2006年09月16日 19:19
サンバー(笑) じゃあR2かフロンテw
ルノーのゴルディーニ、って足にはなりませんねえ。二台保有できる環境がうらやましい。それができればあれしてこれして‥。
私はかろうじてモトグッチのルマンなどでもタンクに腹がつかないでしょうか。腰痛になりそうだけど。
Posted by 黒崎 at 2006年09月16日 19:25
男の誕生日なんて、そんなもんだよ。
Posted by 黒崎 at 2006年09月16日 19:41
でもみんな、議論に勝ち負けがあるなんてフィクションはホントは信じてないでしょ。まったく。
Posted by noon75 at 2006年09月16日 22:57
んーにゃ。フィクションに命を賭けるのもブログのたしなみw
10年前のビデオでさ、何回可能かを競うっていうのはどうですかねえ。
右手が光速を超えた方が勝ちとかw
Posted by 黒崎 at 2006年09月17日 01:27
黒崎さんはどうですか? いけます?w
Posted by とおりすがり at 2006年09月17日 02:22
私は亜音速です。もしくは赤い玉w
Posted by 黒崎 at 2006年09月17日 09:01
文才とは、正面からぶつかる力を含むと。
Posted by 黒崎 at 2006年09月18日 04:33
>ネクタイ幾らのものを主に絞めてらっしゃいますかぁ。
うるせえな!
500円だよ、500円。
ワンコインネクタイ。
ちなみに下着も500円だよ。
勝負下着なんてものも持ってないですよ!
Posted by けろやん at 2006年09月18日 08:44
ふつー、男は勝負パンツはかないw
点検するだけだ。
Posted by 黒崎 at 2006年09月18日 19:32
ここ難しいですが読んでます
後から読み返すこともあります。
どうしてカテゴリー切らないんですか?
TBもあまり打たないみたいですが‥‥

Posted by 学生です at 2006年09月20日 08:44
あ、どうもです。カテゴリはね、自分で分けたつもりになっても仕方ないからなんです。
ひとつの文章、色々な角度から分類もできるでしょう。
TBは、よほどのことがないと打ちません。
理由はいつか書きます。
Posted by 黒崎 at 2006年09月20日 18:47
ま、Wikipediaはブックマークしておきましたがw
Posted by 黒崎 at 2006年09月21日 19:13
松永氏の自伝。
あれは、私小説。
というと私小説をバカにするから、
ぶっちゃけ言うと、物語作家が余興で語る
青春エッセーに過ぎないですね。で、彼は物語作家じゃない。
ただのライター。でも、ブログ世界を読んでいる人には感銘を与えるんじゃないかな?

チンケなブログ世界w
Posted by 匿名希望 at 2006年09月21日 20:18
「未だ幻想の森の中」って感じなんですよねえ。

ホーリーネームは正確に記述できるのに、西暦の10年ズレはBBさんの指摘後も何度も間違えてしまうある種の悲しさ。

出家信者達は本名ではなくホーリーネームで表記するのに、好意で原稿を読んでくれたノベルズ編集者の実名は出す、バランス感覚の無さ。

月も見えない夜に、ため息をつきながら読んでしまいましたよ。

ハー
Posted by 鮫島 at 2006年09月21日 22:53
ま、生ぬるい世界の位相がちょっとばかり変わっただけでしょう。
自分の問題だと気づけばいいんだけど。
Posted by papersearcher at 2006年09月21日 23:32
文中に「○○社ノベルス」という単語が何回でてくるか数えてみましょう。
いい迷惑だと思うんだが‥‥あの界隈も。
Posted by 黒崎 at 2006年09月22日 01:03
ここ、空気が濃いのであまり近寄りたくはなかったんですが(汗)。
とりあえず、はじめまして。
松永氏の文章、あれはまだデータベースの段階ですよね。
とりあえずすべての事柄を書き出した後、出版社なりに持ち込んで、体裁(編集)を整えるおつもりではないでしょうか。

私はいわゆるオウム世代ですから、彼の思考回路が、とりたてて特筆すべきものにも思えないのです。
私がいちばん知りたい部分、私(たち)はなぜ俗世に残って、彼(ら)はなぜオウムに入ったのか、という違いが、あの文章ではわからない。
今のままでは、甘えと失恋が出家の原因であるかのように読めてしまう(笑)。
そのほか、けっこう大切なことが抜けている気もしますから、「この先は本を買って読んでください」ということになるのかな。

でも、あれだけの長文を書かれる体力には素直に感服します。その点だけは、こちらに集う皆さんとは一線を画しておきたいところです(笑)。


Posted by S@傍観者 at 2006年09月22日 03:22
どうもです。なにやら結界があるとかいう声もあるようで(笑)
色々論点が出てきましたですね。何のために書いているのか。何故ネットに公開しているのか。DBなのか既にして作品の草稿なのか。オウム世代の特質とあれこれと。
ライターと作家の違い。あれが作品の原型と呼べるかどうか。
人生が四谷大塚と、人生がドリームランド。
サリン事件の林郁夫の「オウムと私」(文春文庫)を読んでからあれを読みますと、似ておるところもあり、また違うところもあるんです。密度は林氏の方がある。緊迫感というかですが。

Posted by 黒崎 at 2006年09月22日 07:28
しかしいただけないのは、Wikipediaの修正とその後の操作ですね。まだこんなことをやっているのかと。あれは逆効果なのよ。氏は抗議した方がいいくらい(マジです)。
それからWeb2.0とECなどのシンポに参加して営業の下ごしらえをしておりますが、気持は分かるんだけど、今この時期にはそう簡単にはゆかないかも知れない。
社会復帰というのは、何もあの筆名でライターとして活動するということだけではないんです。自分がなりたくてもなれないもの、今は一旦は諦めねばならないものというのはあるんじゃないですかね。
本当に才能があれば、そして他人を感動させるに足る作品を書くことができれば、誰かが見ているし評価もする。文芸とか芸術の世界ってそういう公平なところがあるもんだと思いますが。
誰かが言っていた、ファンタジー小説を読んでいるような印象というのは同じ。現実感が極めて薄いです。
Posted by 黒崎 at 2006年09月22日 07:49
ただこれがなにやらの「療法」であると仮に想定するならば、その視点からは一回目はあんなものだろうと。
現実(ネットの声も含む)にぶつかり、今までのようにはゆかず、さてそこからだと。
一般に新しいところにいこうとするときは、啼かず飛ばずの時期が何年かあるもんです。一旦後ろに下がることもあるでしょうね。
まだ40前なんだしさ。
と、たまには優しい黒崎w それで後で後悔もするんだが。
#コメント欄長くなりました。作成します。

Posted by 黒崎 at 2006年09月22日 08:17

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。