2006年08月04日

夜の庭 3

黒崎@夜の庭 3


トモダチができた スイカの名産地
スイカの名産地 楽しいところよ
可愛いあの子の晴れ姿 スイカの名産地

―――――――――――――――――――――――――――――――――

などという歌を歌いながら、代々木公園脇にハザードを点けて停まっていた。
ネクタイは外している。上着は一度も着ないまま、後ろのシートに投げてある。
これはケヤキの樹木で、水銀灯の光が斜め、その背は高く影は黒い。
樹には一本一本、管理番号が振られていた。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

歩いてゆくと、青テントがいくつも並んでいる。
ベンチにそのままの男達もいる。
ここには女のハグレはいないのかと思ったが、そういうひとたちは大抵独りで、六本木に向かう坂道の辺りに座っていたものだ。

若いあの子には分からないだろうが、今ここでこうしていることも、そうではなくベンチに眠ることも、紙一重の違いでしかない。
ブログなどもそうである。
そう時々は思うひとと、そんな筈はないと信じているひととでは、書いている文章の匂いが薄く違っている。
posted by 黒崎 at 03:24 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。