2006年08月03日

文才は顔

黒崎@文才は顔


だと思うところがある。
これは男の場合だろうか。
カワウソのように何を言っても、それは仕方ないだろう。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

横断歩道で、HIDの光に足首がみえている。
実物より白い。
結構がんばって、高いヒールを履いている。
このサンダルが終わる時、夏もそうなるのだ。

posted by 黒崎 at 04:05 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。