2006年05月22日

ジフロ 4

黒崎@ジフロ 4

今まで書いてきたのは、ウージィの援護のようなものである。
マズルが上に上がる。
トカレフは一時期、5万程で売られていた。
弾が高速なので、防弾ベストはケプラー製では効果がない。
オウムが作ろうとしたAKは74の方で、こちらはNATOと同じ口径の高速弾だった。
ベトナムやコソボなどで使われていたのは47である。
音が重い。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
ところで、鮫島のヤローがスティンガーを飛ばしてしまった。全文を引用する。
http://blog.livedoor.jp/soul_shadows/archives/50198946.html

鮫島です。

下記の内容の村問を、ニューズウォッチ社代表の金田氏のブログ、および同社の広報窓口に送付しています。前者はコメント欄が認証待ちの為、今のところは反映されていません。
------------------------
鮫島と申します。

御社提供のコンテンツ「fresh EYE Voice Watch」内のコンテンツ「Ai's Eye」についてご質問致します。
http://voice.fresheye.com/ais_eye/
http://gripblog.cocolog-nifty.com/

上記ブログの執筆者である泉あい氏が、昨年の10月末に自ブログ内で参加を公募した民主党との懇談会「ブロガーと前原代表との懇談会」に、現役アーレフ(旧オウム)出家信者1名に対して、泉氏自らが参加要請を行い、結果的にその人物が懇談会に出席したことが、ここ数ヶ月、多くのブログで議論になっております。またこの件に関しましては、インターネット上だけではなく、雑誌FLASH(2006/3/8発売、3/21号)でも取り上げられています。これまでの経緯に関しては、下記の方のブログエントリーをご覧になっていただければ概略はご理解できるかと思います。

http://d.hatena.ne.jp/biaslook/20060312
------
まずは上記をお読み下さい。
その上で以下のご質問を差し上げます。

(1)上記の通り、泉あい氏は現役オウム出家信者を政党の懇談会に呼んだのですが、このことについてどう思われますか。

(2)上記の一連の問題はインターネットにおけるジャーナリズムの信頼性を著しく低下させる原属になった、という意見がありますがどう思われますか。

(3)泉あい氏は最近までネット上の報道機関を作るため様々に続動されていたようです。しかしその報道機関の前提となる企画の段階で、件の現役オウム出家信者がいくつかの部分で係わっていたことが判明しています。念のためお聞きしますが、御社内における今回のコンテンツでは、そのような動きは無かったでしょうか。

(4)泉あい氏が、新党大地の鈴木宗男氏のインタビューを行うそうですが、本インタビューを提供される御社は、鈴木議員および鈴木議員事務所に対して、上記の一連の問題について事前にご報告されていますか。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
ま、そういった按配で。
「そう旨くはゆかないよ」というところだろうか。

#ジフロ とは、サリンを精製する過程でできる中間生成物である。
メチルホスホン酸ジフロライド(ジフロ)。
松本サリン事件で残ったジフロ1.4キロは、中川被告によって隠匿され、二ヵ月後地下鉄サリン事件で用いられる。
posted by 黒崎 at 05:06 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18195043
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。