2006年05月18日

ネット階層社会

黒崎@ネット階層社会

おそらく、勝ち逃げにはならないように思える。
そう世の中旨くはいかないものであって、BB氏の具体的事実の提示の後、違う誰かが知っていることを語り始めるのではないかという気もする。
何故かと言えば、具体的な事実の核心部分が何一つ明らかになっていないからである。
―――――――――――――――――――――――――――――――
例えば巨大掲示板ではこのようにまとめられている。
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1147946946/l50

2 :朝まで名無しさん :2006/05/18(木) 19:10:47
河上イチロー・・・反体制サイト「DerAngriff」の管理人。当時のアングラ界隈の有名人。 著書に「サイバースペースからの挑戦状」「サイバースペースからの攻撃」がある。
2000年10月23日(日付が変わる前後)に引退を表明。web上から姿を消す。
【参考】河上イチロー極限資料集
http://www.makani.to/cult/special/kawakami.html

松永英明・・・屋号「ことのは編集室」を冠するライター。
「Blog of the Yeah! 2003」でベストアーティクル部門第3位を受賞。アルファブロガーの一人。
民主党、自民党のブログ作者懇談会に出席する。
著書には、はてなの本やブログ指導本、ジェームズ・アレンの翻訳などなど。
【参考】ことのは編集室
http://www.kotono8.com/

福井利器・・・オウム真理教(アーレフ)サマナ番号971番。
ホーリーネームはカーマ・アニッチャ・パンニャッタ・パンニャーヤ・ムッタ・デーヴァ。
東山出版の社長。「上祐史浩が語る―苦悩からの解放」などを出版。
河上イチローと松永英明の中の人。
【参考】半跏思惟
http://web.archive.org/web/20050310021015/deva.aleph.to/

3 :朝まで名無しさん :2006/05/18(木) 19:13:01
元公安調査庁の野田敬生が"きっこ”の正体を追求

その捜査線上にライター松永英明という人物が浮上

調査してみると、松永英明=河上イチロー(オウム信者)だということが判明
■一連の野田の追及記事
http://espio.air-nifty.com/espio/2006/02/mvproject_honda.html
http://espio.air-nifty.com/espio/2006/02/post_87ba.html
http://espio.air-nifty.com/espio/2006/03/post_6a67.html
http://espio.air-nifty.com/espio/2006/03/post_90ef.html
http://espio.air-nifty.com/espio/2006/03/post_2aad.html

オウム信者が民主、自民両党のブロガーを集めた懇談会に参加していたことが問題視される

4 :朝まで名無しさん :2006/05/18(木) 19:13:51
滝本弁護士も言及
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/217.html

民主、自民の懇談会に出席するブロガーを選定した
ジャーナリスト泉あいの責任も問われる
http://gripblog.cocolog-nifty.com/
(旧) http://surusuru.com/news/

懇談会に出席したBigBangが経緯を説明する共に追求開始
http://ultrabigban.cocolog-nifty.com/ultra/2006/03/gripblog_fa38.html

松永英明、自身のはてなダイアリーで元オウム信者だったと告白
http://d.hatena.ne.jp/matsunaga/20060313
この時点ではとっくに脱会してるかのような印象を読み手にあたえる

5 :朝まで名無しさん :2006/05/18(木) 19:14:27
泉のブログが炎上。曖昧な返答にジャーナリストとしての資質を疑われる
泉の代わりに彼女を影で支えていたというumeなる人物が登場

泉とumeはオウム関係者だと疑われたことで実害を受けたと主張
umeはこの件で会社を自己退職に追い込まれたと告白
だが、オウム疑惑が生じてからたった数日しかたっていないのに
会社が解雇するとは考えられにくい点に疑問が集中
(umeの説明が途中で解雇→自己退職に変わる
松永は当初はきっこ関連で退職だと書いていたが聞き間違いだったと訂正)
ブログのコメントを停止する

umeと松永が知り合いだったことが判明

2003年12月の段階で松永はまだ現役信者だったとTBNが告発
http://tbn2.blog50.fc2.com/blog-entry-46.html

松永英明がオウムについて書きはじめる
http://aum-aleph.g.hatena.ne.jp/
2006年2月1日までは現役信者だったことが判明
松永英明名義での活動中(民主懇談会出席時)もオウム信者だったということになる
脱会届けを出さないで脱会になるのか疑問の声も上がる (以下略)

―――――――――――――――――――――――――――――――――
おおむね端的にまとまっていて、これが現在での共通認識・概要であることが分かる。
>泉とumeはオウム関係者だと疑われたことで実害を受けたと主張
>umeはこの件で会社を自己退職に追い込まれたと告白
で、黒崎を訴えるとume氏は現在も主張している訳である。泉氏も同意。

この辺りについては、理論的には既に論破されているのだが、理屈が通じる相手ではなさそうである。
面倒なので今の段階では触れない。過去ログを参照のこと。

ちなみに新しいところを覗いてみると、今現在、古くからの応援者で起業を図ったという方が応援しているのみであった。リンクを辿ってゆくと、医療・福祉関係だとプロフにはある。
http://voice.fresheye.com/ais_eye/
この辺り、ひとつのキーワードではないかと感じている。起業志向、医療・福祉。
新サイトでは、コメントは規制されている。つまり許可制である。
一般にコメント規制が入るとブログのアクセスは大幅に減るもので、例えばガ島通信の推移を思い出せば良い。個人の趣味ブログならばともかく、アクセスを競いあうかのようなシステムの企業ブログにとってこれはかなり影響が大きい。
当面、応援者からの自演を頼むことになるだろう。

簡単に言って、半年持てばいい方だろうという予感がある。
まず、取材先とトラブルを起こす。
そしてその苦情は、本人に言ってもどうしようもなく、致し方なく運営している親会社にゆくものだと推察される。
http://www.fresheye.com/guide/info/menseki.html
と、免責事項が書いてあっても、実はそうもいかないのが世の中なのである。

posted by 黒崎 at 21:59 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17993689
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。