2006年05月10日

転進について

黒崎@転進について

http://ultrabigban.cocolog-nifty.com/ultra/2006/05/post_ae75.html#more
>どこからどう見ても、「ブログジャーナリズム」なるものは、戦線の後退に次ぐ後退を強いられているようにしか思えない。
BB氏は上記のように述べている。

いくつかのところをさらりとおさらいをしておこう。
ガ島通信は、会社内部に転進した。
http://d.hatena.ne.jp/gatonews/20060507/1147002386
>NTTグループは急激な環境の変化の中で揺れ動いています。生き残るためにNTTはどのように変化していけばいいのか、社員を中心に前向きに話し合いたいと思います。若手を中心とした会合にしたいので、20−30代の参加者を歓迎します。

自分が以前所属していた新聞業界もそうだが、こんどは今いるところ、NTTグループの先行きも心配であるらしい。
>まずは、皆でいろんな素朴な疑問や不安を話し合いましょう。
という声がリンク先にあり、ナルホドそういうことであるのかと思われた。

R30氏は以下のごとくである。
http://shinta.tea-nifty.com/nikki/2006/05/_lost_technical_1096.html#more
松永インタビューでネットから酷評され、
http://yaplog.jp/parsleymood/archive/375
こちらで本音を吐かれていた。その後、自らの青春音楽に回帰し、GW明けには現実に戻ろうと努力する。上記エントリーはリーダーシップに名を借りた、別名「(合理的に)洗脳されたい」という願望が透けてみえていた。
自己開発・教育セミナーなどとの類似点を指摘する声もなきにしもあらず。
ま、こういうリーダーがいたら格好いいですけどね。大抵は嘘でゴンス。

上記ふたつのサイトは、かつてアルファとか呼ばれていたところである。R30氏は湯川氏のポットキャストにも登場している。「私」という常連のコメンターとの、どちらが斜に構えていられるかを競う進学校の体格の貧相な少年の芸風で、あるときは20代からの絶大な支持を集めた。
ただ彼らは、いつか社会に戻らねばならず、米軍パラシュートの材質でできたバックを肩に地下鉄を降りる。これは保証書のついた方で、始めに買ったゼロハリは重くて使えなかった。
今いる場所がいつまで確保できるのだろうと夜中に目が覚める。

posted by 黒崎 at 18:01 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。