2006年04月27日

今だけお得

ここに君の好きなことを書こう!!










コメントを解放します。
ただし、本人証明してください(笑)
後で全部消しますので、悪口書くならいまのうち。
posted by 黒崎 at 09:04| Comment(73) | TrackBack(0) | ひとごと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自作自演してみる。
Posted by 黒崎 at 2006年04月27日 09:05
こわくて書けないっす。

黒崎さんの正体ってなんなんですか?
Posted by 一市民 at 2006年04月27日 09:47
本人証明とは?

隠れ黒崎ファンです。
Posted by 某S at 2006年04月27日 10:18
本名は佐藤とか鈴木とか別に黒くないんだろう?
この普通の人め!

ついでに仕事では危ない橋なんか渡らず安全第一なんだろう?
この安全日め!
Posted by 朝まで名無しさん at 2006年04月27日 10:33
記念カキコw
Posted by 2ちゃんを見てる汚い私 at 2006年04月27日 11:35
鮫島ブログのコメント欄で朝までNさんという人が、今回の泉あいポッドキャストの削除は「スポンサーからの圧力が原因」と書いてるんだけど、私なんかの捉え方は、内容が放送倫理規定に照らし合わせて不適切だったという意見なのです。最初の前提が違ってるんだから、議論がどこまでいっても平行線のような気がします。

http://blog.livedoor.jp/soul_shadows/archives/50187104.html#comments
Posted by 2ちゃんを見てる汚い私 at 2006年04月27日 12:25
富士通にクレーム→富士通が内容検討→内容が不適切と判断→niftyに削除指示=湯川氏から見たら圧力

ということじゃないの。

#黒崎さんのコメントを探して回るのはしんどいからこういうサイトはうれしいぞ
Posted by /// at 2006年04月27日 14:20
>湯川氏から見たら圧力

私から見たら圧力じゃないってことかなー
もし放送倫理規定に不満があるのだったら、スポンサーに不満をぶつけるより、規定が現状に即したものかどうかの検討、特に他の先進国と比べてどうなのか(旧態依然としたものなのか)の方向に動いた方がネットの公益や公共の福祉になると思う。
Posted by 2ちゃんを見てる汚い私 at 2006年04月27日 16:06
安全日、って言葉に反応してしまう。
むーん。
Posted by 黒崎 at 2006年04月28日 18:53
済みません。

今さっき(!)気付いたんだけど、自分の浅慮できっかけで思いがけない展開のなってるようで、黒崎さんへは無駄にリスクを負わせてしまったと思う。
それはまず謝っておくべきだった。

先日に黒崎40号さんという方とBB氏のブログでやり取りし、続けて昨日今日と鮫島さんのブログでやり取りして、湯川さんが黒崎さん鮫島さんの何らかの手持ち情報を持っていて、更にそれを身元確認できていない人物に渡しているかも知れないと言われました。

普通は考えられない事だと思うんだけど、ヒューマンエラーはあり得ると言われれば、既に経過を見た通りどうか判ったものじゃない。

せめて湯川さんの名を出すなら、湯川さんへ私なりに状況を説明して目的を伝えておくべきだったのだろうか?
どうすれば良かったのか?と考えてみても、私は私がああするのは必然だと今でも思っている。
だから後悔はしてないのだけど、だからといって経過を不可抗力だと逃げるのは最低だと思う。
黒崎さんからの許しの言葉は要らないが、その事だけは状況が不明確であるからこそ、謝っておきたい。

じゃ、気不味い儘そそくさと一旦退散します。


Posted by トリル at 2006年04月28日 23:05
慣れない人が下手に念力で他人を動かそうとするとややこしいことになるんすよ。そういう御仁とわざわざ一戦交えるのも些かナニだしと表面上つくろって適当に付き合いを続けるとさらに話がややこしくなる。だから鮫島氏も止むを得ず悪友謝絶宣言をしたと。
Posted by 通りすがりの第三の名無しさん at 2006年04月29日 00:29
>通りすがりの第三の名無しさんさん

なるほど。
そりゃそうです。

私が湯川さんならあそこに出しゃばって行って梅さんや泉さんの身元確認を始めるんですけど、何の社会的信用もない私にはそれをしても何ら世間を納得させうる担保がない。
湯川さんを自由に操作する事もできない。

ならば凡夫はギャラリーとして黙って見てるか、ワーワー無責任に娯楽として騒ぐだけにしておくのが良い。
仮にそういう事に前向きに拘わるならば、友達や知り合いは疎遠になるという事ですね?

確かに鮫島さんは負担になるから拘わってくれるなと、最後は叫ぶように繰り返し言ってましたね。
あれはツンデレじゃないですよね(笑)

でも多分自分は目の前で事が起これば、自分のできそうな事を捜してやるべき事をすると思いますよ。

だから問題化してしまったら謝るしかないなーという風にしか考えられませんわ。
すごく思い至らぬ結果を引くかも知れないですけど。
Posted by トリル at 2006年04月29日 02:03
トリルさん、鮫島氏がこの件の「部外者」だって書いてたよね。「黒さんはこうだけど、鮫さんは・・・」って何度か書いてたよね。でもね。大人はそうは読まないのよ。悪いけど。泉インタビューUPに鮫島さんが「仕切り直しです。ワタクシ完全に切れました」と書いてたっしょ。

とりあえず空気は読んだ方がいいよ。2日に1回ぐらいは縦に読んでみるのもいいかもしんない。
Posted by ついでに朝まで通行人 at 2006年04月29日 02:32
>ついでに朝まで通行人さん

これですね。

>鮫さんはそういう意味で今回唯一あのメンバーの中で例外的に部外者だった訳で、フリーハンドである事も部外者扱いされた事も事の原動力になり得たんだとも思う。

これだけ読むと酷いモノになっちゃう。

意味としては私とスポンタさんが湯川さんからメールを貰っていて、黒崎さんはポッドキャステングで訴訟しろと煽られていたから、フリーなのは鮫島さんだったという事です。

言い方がちょっと不味いのは、このコメントを出してる鮫島さんのエントリーのニュアンスと関係あるので勘弁してください。
鮫島さんが私のことをそう思うのもこの2日で大体判りましたから。
Posted by トリル at 2006年04月29日 04:26
ロゴが外れた件、富士通から外すようにしたのだろうかと考えております。逆説的に考えると、湯川氏が外す話を富士通に持って行き相談の上で外したのではないかと言う仮説を考え中。
Posted by 某S at 2006年04月29日 17:33
>某Sさん

可能性は低いけど、戦闘モードに入るための疎開というのもあり得ませんかね。
未だ頭下げていないという事は和戦両方考えられます。
Posted by 名無し(トリル) at 2006年04月29日 23:03
ないないw
君はそーやって一生あおっていなさい。
Posted by 通りすがり at 2006年04月30日 02:29
某S氏、それは多分ないとおもう。湯川氏にとって富士通がスポンサーにつくということは社内での立場からして、不可欠なはず。
富士通ここ読んでいて、警視庁の公安って名前とマスコミに報告すると黒崎氏がいったことを踏まえたんではないか。
Posted by ななし at 2006年04月30日 03:04
>彼は捨てられた。
わたしは自分だけでやれると、宣告をされた。
その手前にあらかじめの修羅場がある。

ここのところがよく分からない。
グリップでは泉が、umeからサーバのことを検討したいと、つまり自分は手を引きたいと宣告されたことになってるが、事実は泉が松永に乗り換えてumeを捨てたということを言いたいのか。確かに男を切るのがうまい女はいるよな。完全に喧嘩別れするのでなく、よそに原因を作って離れると。男はなんとなくふっきれないまま、作り出された原因にこだわり続ける・・・。
(敬称略)
Posted by 野次馬 at 2006年04月30日 11:48
泉、がん闘病記を書き始める。
→思ったように書けない。スキルがない。
→ume、ジャーナリスト修行を勧める。
→gripblogスタート。サーバはumeが有償提供。何者かが取材費を負担。最初は地味。
→既存メディア批判でネット界隈の注目浴びる。Gripforum始まる。
→政治の取材もしちゃいます宣言。
→総選挙で党首インタビュー成功。新聞雑誌にも注目される。
→世耕懇にもぐりこむ。
→R30、反自民の論客がいないからつまらんと世耕懇を批判。ことのは推薦。
→泉、前原インタビューのアポGET。
→何故か懇談会形式を提案。出席者を自分で選定。松永選ばれる。ガ島はずされる。
→民主懇開催。
→報道メディアつくっちゃいます宣言。
→企画書を次々UP
→きっこの日記を賞賛。耐震偽装問題の取材を宣言。
→スポンサー去る。ume、サーバを無料に。
→取材中断報告。
→松永=河上疑惑浮上。フラッシュ発売。松永告白。泉は沈黙。
→泉、松永疑惑に言及。一般論として経歴確認が難しいのはネットの盲点であると反省。松永の過去を責めることはできない。
→gripで読者からの追及激化。黒幕とオウムの関係疑われる。
→umeからサーバ撤収の相談。泉、gripで仕事と友人を奪わないでと懇願。
→ume登場。黒崎氏に連絡先を要求。
→トリル登場。湯川に聞いたらと提案。
→湯川、泉インタビュー。訴訟すべき。
→(略)
→湯川撃沈。
(敬称略)
Posted by 野次馬 at 2006年04月30日 12:12
多分、gripforumまでは泉の発案にumeが協力してた。報道メディアからは松永の入れ知恵で泉がumeに提案。umeはシステム面で協力。(umeにとっては面白くない)

結論。泉は嘘は言っていない。umeは黒幕なんかじゃなく、古くからの友人で、精神的支えで、システム面の助っ人。報道メディア構想の裏にいた黒幕は、松永の可能性。

疑問として残るのは資金提供者。取材費や生活費の一部を負担していたスポンサーの存在。

ここからは推測。資金提供者=親族ではないか。つまり仕送り。泉はひとりで新幹線の切符も買ったことないほどの過保護。いいとこの子。

でも自立心は強い。貯金切り崩しと仕送りで暮らしてる自分にコンプレックス。だから「資金提供者」と表現して不要の疑惑を生んだ。

仕送りは最初から期限つきで、2005年の年末までに経済的に自立する必要があった。アフィリエイトだけでは食えない。知り合ったマスコミ関係者に就職相談するのもプライドが許さない。どうしよう。

民主懇で知り合った松永に愚痴。自分で報道メディアを作ったらどうか。それだ。

(敬称略)







Posted by 野次馬 at 2006年04月30日 13:00
野次馬氏の指摘おもしろい。が、ガン闘病記の前に出会い系サイトを運営していたことが抜け落ちている。そこで公私ともパートナーになっていたというところ。

それから、新幹線の切符を自分で買えないのが「いいとこの子」である証にはならないんではないかなーw
オウムが資金を提供していた可能性も考えていたほうがいいとおもー
Posted by nanashi at 2006年04月30日 17:37
4月5か6日 湯川、表ブログに「コメント受けて成長―泉あい氏」掲載。黒崎念頭に訴訟で争うべきと主張。
4月6日夜 オウム被害者の関係者を名乗るryoco、富士通広報部にクレーム。
4月7日未明 黒崎、湯川にメール。umeに個人情報伝えてないか照会。時事への抗議と録音ファイルの暴露を示唆。
4月7日午前 湯川、黒崎に返信。umeに罵倒されたが言わなかった。ただ恫喝は不愉快。法的手順を踏んだ上で尋ねられれば伝える用意あり。
4月7日昼前 湯川、裏ブログにエントリー「泉さんのこと、議論のルールのこと」掲載。一般論として名誉毀損には法的措置を。表に不具合がある模様。
4月7日夕方 富士通らかryoucoに返信。「弊社提供Podcast番組につきまして」不適切なので削除したと回答。

投稿者: 黒崎 (Apr 11, 2006 8:32:55 PM)
閑話休題ですが、どうも本件、男達の「疵」やオトシマエ、仁義とかいうものが底流に薄く流れているような気がします。裏切りとね。卑屈さ。

投稿者: 黒崎 (Apr 12, 2006 1:36:27 AM)
ある程度の事情は分かるけれども、言っていることは自分の都合のことだけなんですね。大人というのは言葉の裏にあるものや、その綻びを見逃さないものです。そして、組織というものを知っているから、戦い方もしぶといものになってゆくでしょう。ま、そう旨くはゆかないよ。と、上海から眺めています。

4月12日 湯川、表と裏に「泉さんのエントリーを削除した件について」 掲載。ある辣腕コメンターから「湯川さんはIT記者だし、事件当時は海外にいたから、この問題を十分に理解していない。取り上げる資格がない」という批判のメールをもらったが、おっしゃる通り。訴訟を勧めていると誤解された方に心よりお詫び。ほんとうに自分は気が弱い。

4月12日 湯川「メディアから見たネット広報活用事例」で講演。

投稿者: 黒崎 (Apr 13, 2006 1:09:41 AM)
よくできた物語は、よくできているが故のうそ臭さがあります。希望、夢、信じている、誠意。あなただったらどうするこうした時。あたかも恋文を書くかのように、なにかひとつのストリーを作ります。それは緻密なほど良い。数日かかったりした。大衆は女であると、誠心誠意話せば必ず分かってもらえると目に星などを浮かべたりする。ひとつふたつ、本当のことは交えます。すこしばかり不利なことも書いたりする。ボカア自信がないんだ。気が弱いんだ。あれもこれも劣等感の塊なんだ。君だったらこうした時にどうする、一緒に考えてくれないか。でもその後ろに、一番肝心なことを隠している。一度二度、人は騙されたりもする。大目に見ようかと考えたりもする。が、背中から撃つのはいつもそういう男だった。頭を下げながら、望むなら靴でも嘗めようか、何でもいうことを聞きますという顔をして、踵に隠した22口径をいつ取り出そうかまさぐっている。社会的なもの、公的なものを私的な世界に閉じ込めてはいけない。それはおまえの都合でしかない。泣いても無駄。社会には掟というものがあって、おまえはそれだけのことをしてしまった。弾は一発、残しておくもんなんですよ。

4月13日 湯川、裏に「総括」掲載。編集権の問題に集約。

投稿者: 黒崎 (Apr 18, 2006 5:29:48 PM)
いや、チェックメイトがかかりつつありますね。

Commented by 黒崎 at 2006-04-19 05:21 x
こちらに書いていた黒崎です。本件のMp3、知人から送ってもらいまして聞きました。全体として非常に驚き、かつ遺憾に感じています。が、長くここで「参加型ジャーナリズム」をお互いに論じてきた間柄としまして、湯川さんならびに時事通信社の正式な見解を暫く待った上で、慎重に対処したいと考えています。

投稿者: 黒崎 (Apr 19, 2006 6:30:02 AM)
自分で「誠実」とか言っているひとは、俄かに信用しないことでしょう。

Commented by ryoco at 2006-04-19 15:18 x
書こうかかどうかとても迷ったのですが、こんなにも大きい話になっているので責任を感じています。でも湯川さんの書かれていることに事実とちがうことがありますから、書きたいとおもいます。
それは、湯川さんと泉あいさんの対談が削除されたのは、わたしが富士通に送ったメールがきっかけだとおもっています。
Posted by 時系列名言集1 at 2006年05月02日 01:39

Commented by ryoco at 2006-04-19 16:07 x
「わたしが過去に炎上を乗り切れたのは、誠実に対応したからだと思っています。」と湯川さんは書きましたが、わたしはこの部分を読んで怒りを感じました。とても誠実に対応しているとはおもえなかったからです。なによりも、湯川さんが泉あいさんのブログの問題になっているところを全然読んでいないのに、ああいう対談をして公開したことは今でも信じられません。

投稿者: 黒崎3号 (Apr 22, 2006 6:31:40 PM)
なんか湯川さんのところ、勝負ありましたね‥‥。過去にインタビューしたものを黙々とのせているみたいな、消化試合こなしているみたいな。まだ分かりませんけど。甘くみていたんでしょうね、こうした話を作れば皆納得するとか。「ryoco」さんの富士通への問い合わせの公開で、積み上げてきた嘘のお話が皆ひっくりかえってしまった。事実は強い。黒崎さんが黙っているのが不気味ですが、なんか決定的なことが裏であったのかもしれないですね。それを公にしてしまったら、もう逃げ場がないみたいな。

投稿者: 黒崎3号 (Apr 22, 2006 8:59:13 PM)
もし仮に、ume氏がインタビューの前に湯川さんにメールか電話で連絡を取っていたとすれば、事情は違ってきます。さすがに湯川さんが、すぐに黒崎さんの個人情報を教えることはないでしょう(そうなったら大問題です)。が、ume氏が正当な法的手続きを踏んで再度尋ねてくればそれも可能だと考え、その上でインタビューやエントリーで訴訟を薦めていたとすれば、半ば湯川さんにも隠れた意図があったと批判されても仕様がないことになりませんか?
まあ、特定のひとが叩かなくても、プロセスは残っていますから、それで十分ではないですかね‥‥。つまり、この辺りで、ということには同意です。撤収なり再構築は、湯川さんご本人の問題でしょう。

投稿者: 黒崎40号 (Apr 23, 2006 6:30:21 PM)
湯川氏は何時の間にか、「ネット広報の第一人者」となっているからですね。ブログを使った広報の事例。そこで炎上があった場合に、かねてよりの自説をもって、炎上を鎮火させなければならない。誠実に。目的は自説の展開と、その有効性の立証です。本件の弁明と、あまりに早い総括の背後には、そういった「個人的な事情」があったものだと推察することは不自然ではないでしょう。本件、事態を深刻にしていることの原因のひとつが、湯川氏の編集権獲得宣言、一連の独断専行にあることは、組織に属したことにある人間ならば容易に想像がつくものだと思えます。

投稿者: 黒崎40号 (Apr 25, 2006 2:34:15 AM)
つまりここでの仮説は、湯川、黒崎に本のための原稿を依頼。黒崎断る。それによって湯川、黒崎に対して心証を悪くする。それが遠因になっていたかどうかは分かりませんが、ume氏の問い合わせを奇禍として、仮に正式に訴訟になれば黒崎氏の個人情報を渡すことができると考えた。という推論が成り立つことになります。黒崎氏が湯川氏に恨みを買っているとすれば、本の原稿依頼を断ったせいではないか。その是非はともかくね。ただ、この件に関して黒崎さんは何も語りませんし、水面下で湯川さんとどういうやりとりがあったかは分からない。それを公にすれば、湯川さんに致命的なダメージがあるからだろうと外野は推察しているだけです。

投稿者: 黒崎40号 (Apr 26, 2006 1:23:02 AM)
ありのまま、ねえ‥‥。水面下でやりとりされていたこと。その一部を黒崎さんが公開してしまったら、多分湯川さん、現実世界でとんでもないことになってしまうのかもしれませんね。時事や富士通の表玄関から入ることを怖がるようなひとでもなさそうだし。一定の知識もキャリアもあるみたいですから(サイバッチの方とは別でしょう。文章などからみると)。私もだから湯川さんが、黒崎さんに早いこと「ごめん」って謝って酒の一本も送れば済んだ話だったんではないかと思ってます。それを、おかしな話作ってしまいましたからね。時事の身元確認の方法については分かりませんが、今回湯川さん、一切確認していないのではないかと思いますよ。IT記者でそういう能力も資格もない、と何度も書かれている。普通の記者とは違うということを言いたいのでしょう。
そのくせ「参加型ジャーナリズム」とか言って、ジャーナリズム論をぶってしまったところに彼の悲劇というか、落とし穴があったと。

投稿者: 黒崎40号 (Apr 27, 2006 1:21:19 AM)
なるほど。ume氏はやはり湯川さんに連絡とってると考えていい訳ですな。話の流れからは、黒崎さんの個人情報を教えろという問い合わせでしょうね。湯川さんは断るわな、教えたら時事を首ですから。しかし、正式な訴訟になれば教えるにやぶさかではないと考え、泉インタビューを掲載。そしてエントリーに名誉毀損には法的手続きをと書く。黒崎氏、それに対して怒る。湯川氏に問い合わせる。しかし湯川氏、簡単にファイルを削除はしない。一度はつっぱねたと考えてもいいでしょうね。削除後の裏への書き込みなどから考えると。そうこうしていると富士通への女性からの問い合わせ。ファイルは削除される。核心は、湯川氏が黒崎氏の抗議をつっぱねただろう辺りのやりとりにありそうですね。黒崎さんがそうするかは分かりませんが、ありのままの事実ってのが一番怖いのかもですな。

(敬称略)
Posted by 時系列名言集2 at 2006年05月02日 01:40
「男達の挽歌」を出してきた意味が少し判った。
湯さんもケンカするならするで状況の把握や行動の自由度を確保しないと。
逃げを打つためにどの様にも受け取れる表現をわざわざ用いたとも考えられるという事になるのか・・・だったらそれを受け入れるのは嫌だろうな黒さんは。
Posted by 名無し at 2006年05月02日 05:04
黒崎氏の次の一手が気になるところ。保存してあるという別のメールを順次公開していくのか。湯川氏の過去の発言を録音したという音声ファイルを公表するか。しかしそんなことしたら完全に決裂で、湯川氏が黒崎氏の情報をumeに渡すかもしれない。ならば決裂寸前でとめておくのが一番効果的。黒崎氏なら、問題の音声ファイルの内容を臭わすような「小説」を小出しにするかもしれない。結局、湯川氏が黒崎氏にメールして全面降伏するのが一番平和な気がするんだが。意地張ってる場合かよと。
Posted by 野次馬 at 2006年05月02日 17:21
湯さんが既に情報を梅さんへ渡していたのでないなら、今更梅さんへ渡すのもネットで全部晒すのと一緒で、すなわち盛大なる自爆テロという事になる。
合理的に考えればそれはしないと思うが、鬱進行などの気があれば判らない。

湯さんが手打ちを考えてるなら何故今まで連絡しない・できないのか?
黒さんが持ってるカードは湯さんも分かっててやってると思うので、降伏する気がないと儂は思う。
少なくとも自分から降伏交渉しても残されるモノに保証がないと考えてる気がする。
ただそれに何処まで時事が同意してるのかは微妙。

黒さんが手持ちカードを順次切って行く事で一見有利になるのは自明だが、新しいカードの入荷予定がなければジリ貧、決着が着かなければ膠着。
それでも最小被害で実質的に湯さんのネット社会上での発言権死亡という事になる。

やはり誰かが和解案をぶち上げて反応を探るぐらいしか思い付かない。
黒さん的には「背中から撃つような人」へ自分から具体的な和解案を提供する気はないんでしょ?
Posted by 名無し at 2006年05月02日 20:51
黒崎氏が一方的に個人情報を握られていると考えるのはちとまてw
酒の席で、自宅とか構成とかは聞いているにきまっているんで そうだとすれば万一の自賠責みたいものは確保していることになる 
一方的に喧嘩しているとおもーか? ガキじゃあるまいし これはまあ裏の話
umeに渡したら、まあとんでもないことになるだろうなー 時事富士通巻き込んでの全面戦争w 湯川損害賠償を富士通から請求される ってことではないかな
今までの黒氏のを読んでいると いかがか?
Posted by とくめい捜査官 at 2006年05月04日 05:13
もひとつ言うと、多分このブログはバトル用だ
目的を達成すると撤収するだろう で、大筋での目的ってのは達成したと黒氏は書いていたようだが。睨み合っているわけではなくて、湯氏背中むけてプラモデル作ってんだとおもうw だってネット上での信用度ガ島より低くね?今
Posted by とくめい通りすがり at 2006年05月04日 05:18
湯川氏のところ、ひどいね。「ネットに殺られてたまるか」という題か。多分前に「ネットは新聞を」を出したNTT出版だろう。ネーミングのセンス、やりそうなことだ。話題になればいいというだけでしかない。
しかし、湯川氏、これでネットワーカー全てを敵に回したな。
黒崎氏の「さてな」の7は読み応えあり。強烈なカウンターパンチだった。つまりumeが今のままだったり連休明けに実際に動いたら、ume相手ではなく別のところとバトルするという意味だろう。ただ富士通には気の毒がっているので本意ではないのだろうが‥
けっきょく湯川氏はきわめて追い詰められていると。本を出していくしかないんだが、編集にもおちょくられているということではないかw
Posted by /// at 2006年05月05日 09:53
ス氏の「湯川氏=ハチ公」説が最近になって妙に気に入り始めてしまった。忠犬にとって御主人様への忠誠心が己の尊厳を保つ心の支えになっているわけだが、渋谷の駅前で御主人様を待ち焦がれていたハチの前に、「参加型ジャーナリズム」とかいう名の主人はついぞ現れることはなかった。いつしか若者たちの待合の目印になり果ててしまったハチ公。モノ言わぬ銅像としてw
Posted by 偉大なるイエスだワン at 2006年05月10日 11:33
黒崎氏の予定では、あそこに私も「賛美のコメント」を書くことになっていたのだろうか。予定調和を乱してしまったら、それは極度の寝不足のせいです。
Posted by 某S at 2006年05月12日 18:53
>グレーならばグレーのまま、何一つはっきりとはせず、次にゆくのだろうとは思われる。
>ただ、ひとつの山場は確実に過ぎたという感触が薄く広がってもきている。
http://kurosaki-yowa.seesaa.net/article/17722026.html

私もそう思います。しかし、はっきりさせることで、自分の生活や人生が変わる事もないでしょうし、何かを得る事もないでしょうから、もういいかなという気がします。
松永氏も遠い人(思い出の中の人)になったんだなというのが、あらためてはっきりしました。

Posted by ナミ at 2006年05月12日 23:39
>巨大掲示板で、リンクの貼り方が不備であるとの指摘を受けたが
http://kurosaki-yowa.seesaa.net/article/17741718.html

指摘したのは、私です(笑)
ついでに、ネットジャーナリズム=ネットにおける公益や公共の福祉、とは何かを巡って反対派に泥ダンゴを投げつけて逃げたのも私です(カミングアウト)
今後は、こちらに書き込みしますのでよろしく!

Posted by ナミ at 2006年05月13日 09:34
昨日の私の発言部分「私は私のやり方でそれなりの成果は出してるし、方向が逆だからと嫌がらせするのは止めてね(卑劣だよ) 」というのは、具体的には、はてなキーワード編集を意味します。
はてなキーワード編集を巡って、松永氏や松永氏回りの人がトラブルを起こしてる=自分達とは意見の異なる人に対して、コメントスクラムで編集させないようにしている、というのはけっこう知られています。
Posted by ナミ at 2006年05月13日 10:06
>ナミと名乗って
実名ですが何か
松永氏はご存知だと思いますよ(笑)
Posted by ナミ at 2006年05月13日 11:41
「ニート問題」に関する私の主張は、はてな ニート ナミ(はてな記述に変換要)のキーワード絞込みでググったら一発で出ますので、興味のある方はどうぞ。
Posted by ナミ at 2006年05月13日 12:11
498 名前: 朝まで名無しさん ? Mail: sage 投稿日: 2006/05/12(金) 21:21:31 ID: RTwkIIhW
>ID:1z3gNvRR

はいはい、失礼しました
二度とスレは見ないし、カキコもしませんから
これで終わりにします!以上
Posted by アホ at 2006年05月13日 12:31
↑ネットストーカー、乙です。
警察には、以前、ネットストーカー被害届を出して、その後、松永氏の本名もわかったので連絡しておきました。
Posted by ナミ at 2006年05月13日 13:44
>30氏のところはTBが通らないこともあって、遠くから呼びかけている。
http://kurosaki-yowa.seesaa.net/article/17786308.html

えーと、文中の最初の語句「R30氏」の部分にサイトのトップのリンクを張るんですよ。リンクを張ればTBしなくても大抵のブロガーは見てくれます。
あと、コソコソ悪口を言いたい時は、某実名弁護士のようにリンクを張らないで言及します(これを実名の卑怯者と呼びます、笑)
Posted by ナミ at 2006年05月14日 12:01
滝本弁護士のエントリー(インタビューを無編集のままブログにアップする事の是非http://sky.ap.teacup.com/takitaro/246.html)に関する私の意見です。
滝本弁護士のようにメディア馴れしてて、理論武装が出来てる人というのは世の中には少ないと思います。ですから、滝本弁護士の意見は強者の意見だと思います。
私は、インタビューを編集する事で弱者(ツッコミどころ満載な事をペラペラ喋ってしまう人)を守る事は、倫理として必要だと思います。
そういう意味で、今後、泉さんのインタビューに応じる人は限定されてくると思いますね。
Posted by ナミ at 2006年05月14日 12:32
それから、滝本弁護士のこのエントリーで、大日本帝国とオウムを同列に扱う人達に対する明確かつ簡潔な反論がなされてましたが、非常に参考になりますね。
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/245.html
Posted by ナミ at 2006年05月14日 12:55
このエントリーのコメント欄でコメントしてる春日井氏と巨大掲示板のID:1z3gNvRRは同一人物なんでしょうか。
泉あい氏の書いた「ニートって何?」を評価して、私のエントリーを評価しないというのなら、どこが悪いのか私のブログのコメント欄で指摘していただきたいですね。
http://madammizushima.seesaa.net/article/17749904.html
Posted by ナミ at 2006年05月15日 10:25
この程度の事で、問題提起したつもりになって、ネットジャーナリズムだ、既存のメディアへの抵抗だとはしゃいでる泉氏と泉氏回りの人は、迷惑なんですよ。
迷惑だから止めて欲しいと言ったら、「専門家」失格ですか。

>玄田さんは、「ニ−トの定義つについて考えれば考えるほどわからなく部分もあります。」とおっしゃっています
>東大の先生がわからないことなのに、私がわかるはずもなかったのかとほっとしながらも、
>「考えれば考えるほどわからないものをとりあえず問題提起しちゃったんだ これって結構えらいこっちゃじゃん」
>と、ドキドキしながら明日の記事のことを考えています

http://gripblog.cocolog-nifty.com/blog/2005/02/5_84b5.html
Posted by ナミ at 2006年05月15日 11:33
君、2ちゃんに戻れ
Posted by 黒崎 at 2006年05月15日 12:06
>ヌホ
あなたが張ってるリンク先(新鉄剣ナミ氏)は、私とは全く関係ありませんから困ります。かく乱させないで下さい。
それにナミ=波(実名w)=徳島(阿波の国)生まれだと言うのは、知ってる人は知ってるんです。
Posted by ナミ at 2006年05月15日 13:23
泉氏、ここのコメント欄に書き込んでますね。
bewaaad氏を尊敬するブロガーの方みたいですね。bewaad氏は、私の天敵みたいな人ですし…

http://d.hatena.ne.jp/an_accused/20050210/1108047608

黒崎氏へ
>君、2ちゃんに戻れ
…そんなワケで、2ちゃんは危険なのだ(笑)
Posted by ナミ at 2006年05月15日 14:36
>黒崎氏
いろいろお世話になりました。
自分のブログにエントリーアップして、意見を出しました。
Posted by ナミ at 2006年05月15日 23:45
バカが「バカでーす。ごめんなさい」と言っているうちはまだよかった。
バカが「バカやめました」と言い出したから始末が悪い
Posted by 素浪人 at 2006年05月16日 02:41
>自分のブログにエントリーアップして、意見を出しました。

おつかれさまです。いろんな角度から考えないとね。

・「2ちゃねらー」が黒崎ではないかという声がありますがー、ちがうんだな。
彼氏鋭いね。kuma氏も。
Posted by 黒崎 at 2006年05月16日 17:38
誰かを取り込みたいとか、実生活での利害が関係しているとか、既存マスコミの逆襲とかいう陰謀論は子供じみている。よーちだ。
あんな危険な存在(笑)と仕事として付き合えるかどうか、考えてみたまえ。名刺もっていかないひととかね。
どうも実社会の経験が乏しいひとたちが、あれこれいうているような気がする。
Posted by 黒崎 at 2006年05月16日 17:56
違う証拠。
私はもっと性格が悪い。
Posted by 黒崎 at 2006年05月16日 17:58
長い間、お待たせしましたね。黒崎さん。まあ、広い意味では予想の範囲内です。(ホリエではありませんが 笑)ここから先は自己の信念に従ってやらせていただきます。
Posted by BigBang at 2006年05月18日 00:20
BBさん、おつかれさまです。
こちらの遠慮や神経の使い方が通じない相手というのはいるもので、ある程度時間はかかりましたが、これで忸怩たる思いをしないでもすみますね。
BBさん好きなようにやってください。
植木鉢にベレッタの弾、隠しておきます。
Posted by 黒崎 at 2006年05月18日 00:45
はじめまして。

grip blogさんの将来、
については黒崎さんと同感です。
ただ、BigBangさんやその他の方々?の
問題の発生点(と私は思っています)の話が、
続いているので、黒崎さんのスピードは少しばかり、
展開が速いのかなあ?って思っています。もう少しコトの推移を知りたいです。
Posted by けろやん。 at 2006年05月18日 22:15
んー、ともいえるな(笑)

でもまあね、通じない方々を相手にしているのもうんざりしてね。
で、違う方々に向けて書いているのですよ。
Posted by 黒崎 at 2006年05月19日 00:54
レスありがとうです。

昨晩の私のコメント。
朝の気分で読み直したら、
ちょっとヘンチクレンだったので修正します。

問題の発生点(ブログジャーナリズム企画)について、
BigBangさんの話が始まって、
もしかすると他の方々(R30氏とか)が、
話し始めるかもしれないので、という意味合いでした。

−−−
私もこの問題への興味を失い、
イロエロなことを考えたいなあ、
と思ってもいるので、スピードの件、了解です(ってエラそうだけど)。
・・・やっぱりなんだかんだで時間がかかり過ぎていたのが本当カモですね。


Posted by けろやん。 at 2006年05月19日 06:42
本日はお日柄も良く・・・ね。
Posted by 某S at 2006年05月19日 12:21
思いついた。路線は「寒軽チャー路線」、真面目が一番。
Posted by 某S at 2006年05月19日 12:25
書けねーじゃねーか
Posted by ○んこ at 2006年05月20日 00:58
黒幕クン
ちゃねらーって、細かいのお(笑)
半分墓穴。
ということでどうか。

ま、でも、黒幕というのは皆が薄々感じていたことらしいから、別にどうでもいいかな。
Posted by 黒崎 at 2006年05月21日 06:38
因縁の(笑)ガ島通信さんが、
呑気にエントリを上げていますよ。
Posted by けろやん。 at 2006年05月21日 10:24
そっすね、いいんじゃないですか。業界の研究会みたいで。必ずこーいう動きはあちこちでありますですな。みな必死よ、生き残るのに。

一個コメント消したのはさ、まんこって書こうと思ったら、ここ書けなくてさ、それで(笑)
Posted by 黒崎 at 2006年05月21日 17:07
もしかしてそのものズバリじゃなくても「すまんこってす」とか書けないの?
軽く謝るときとか、日常的に使うんだけど。
Posted by ああ at 2006年05月21日 22:12
某学会のメンバーみたら
かなり怪しいもんですねw
Posted by ○んこ at 2006年05月22日 00:15
>BigBang、黒崎、鮫島各氏
私が、
言うまでも無いことかもしれません。
最後の最後、焦らずに対応してください。
最後のどんでん返しが、ミステリにはつきものです。
どうか、お気をつけて対応してください。

#ギムレットをいつか飲み交わしたいものです。十年後くらいにね。

でわ。
Posted by 匿名希望。 at 2006年05月22日 00:55
名前まちがえて大変失礼した。
フレッシュライムのそれは旨いよね。
ギブスンもこれからいいけど。
私は「ヌーン街で拾ったもの」というのと「待っている」ってのが案外好きです(笑)
Posted by 黒崎 at 2006年05月22日 08:36
こんにちは。
アレ歩ブロガーの時代読みました。

主な登場人物
スポンタ アルファコメンテーター。ルサンチマンの塊。

というくだりに失礼ながら笑い出しました。
で、私も主な登場人物で、一行紹介して欲しいな、と思いました(´・ω・`)
どんな風に書いてくれるのかな?ってね、ヘヘヘ。

でわ。
Posted by けろやん。 at 2006年05月24日 08:31
さっき5/25 12:45秋葉のヨドバシカメラ併設ヤフー無料ネットカフェで福井さんを見ました。顔色がとても悪く、病み上がりって感じでせつない。俺のことを知ってるかって表情でこちらを見ておられました。
Posted by 通行人 at 2006年05月25日 13:13
むーん。似た奴がいそうな場所だが。松永君よお、君もいい歳なんだから無理すんなよなあ。

Posted by 黒崎 at 2006年05月25日 15:41
こんちわ。

この騒動に関する事で、
他人ブログのコメント欄に書くのは最後かな、
って思っています。

シトロエンは、2CV、通称「チャールストン」が、好きな私です。

なんか、自分でもよく判らないけど、ちょっと反応したくなりました。

でわ。
Posted by けろやん。 at 2006年05月25日 20:09
雨の日に出せる道楽。素晴らしい。
Posted by Hermes at 2006年05月25日 21:33

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。