2007年06月26日

スペインの石 12

黒崎@スペインの石 12


億劫なので当分このタイトルでゆくことにした。
友人というか知人には各種業界で活躍されている方が少なくないのだが、その中に頭の上がらない姐御が何人かいて、とりあえず頭を下げる。
赤坂、青山界隈で流れ、歌のある店にゆき「天城越え」などを歌われる。
そらたいしたもんであります。
甘木声ではない。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
posted by 黒崎 at 12:54 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする

スペインの石 11

黒崎@スペインの石 11


ざっと目次を拾ってみる
ムシマニスト? :吉行淳之介
世も末の記 :北 杜夫
夜更けの歌 :開高 健
酒びたり好日 :瀬戸内晴美

ソウソウたる面子なのだが、
わめき酒 :田中小実昌
小実さんの酒 :色川武大

などというところで、私などはにやりとしてしまう。
かといって、まだそこまでは読んでいない。
モッタイナイからである。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
posted by 黒崎 at 12:43 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする

スペインの石 10

黒崎@スペインの石 10


某月某日
で始まる「酒中日記」という本が中公文庫にある。
吉行淳之介編。
数ページを読んでは一旦置き、また適当なところからぱらぱら捲る。
ということを、このところ繰り返していた。
つまり、適宜である。
カタカナで書くと、テキギ。

これは「小説現代」に昭和41年から連載されていたもので、口開けが吉行さんであった。
「こういうリレー連載のトップバッターというのは、なかなか難しい。その書き方によって、連載の性格がきまる面がある」
(前掲:編者あとがき:217頁)。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
posted by 黒崎 at 12:41 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。