2006年10月14日

秋の動物園

黒崎@秋の動物園


上野に行って、遠くから象のうんこを見ようと思った。
ひとりではなんなので、傍らにすこし若い女性がいれば良いと思う。
それには、誘わなければならないのだが、その気持をなんと説明していいか分からない。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
posted by 黒崎 at 03:03 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする

大人たち

黒崎@大人たち


続ける。
上記が9月頭の発言だということを踏まえた上で、では何のために書きそれをネット上で公開してゆくのかという疑問も生じてくる。
初稿が書かれたのは春先の極めて早い時期だった。
それには既に答えがあって、先の「夜話」のエントリーの引用部、
「もう開き直って、こういうキャラとして生きていくしかない」
に繋がってゆくのだが、要は従来のままの状態をネット上で維持・発展させてくれ、ひいては社会的にも認めてくれということでもあろうか。


この辺り松永氏は、周囲のオトナの対応として再三言及している。

「実社会における俺の周辺の人たちはみんなオトナの対応をしてくれてるために、特に問題になってはいない。それが最大の強みかもしれない」
http://d.hatena.ne.jp/matsunaga/20061011#1160568837

「現実世界での関係者は、仕事先なども含めて、ほぼすべての人が私の説明に納得してくださってます。直接話してないのに、この辺の騒動を見て、その上で「弁明の機会を与えられないかな」とか動いてくださっていた方もあったり。いきなりマイミクを切ってきたのも数人(知り合って1か月程度の人たちの一部)で、それ以降また増えたから、結局騒動前より増えてます。だから、「世間が説明を求めている」と言われても、その「世間」とは実はネット内の一部であって、それを無視するつもりはないけれど、最優先事項というわけではないというのも事実です」9月12日追記分
http://aum-aleph.g.hatena.ne.jp/matsunaga/20060318

誠に結構なことで慶賀の至りなのだが、こうしたことをあえて書かなければならないということにある種の実態もある。
何故なら、
http://kurosaki-yowa.seesaa.net/article/25430747.html
この冒頭にある氏の発言と幾許かの矛盾があるようにも読めるからである。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

一般に、前の経歴がどうであれ、という世界はこの社会に存在している。
それは広く芸の世界であって、例えば作家の安部譲二氏を見出して世に出したのは「室内」の山本夏彦さんであった。
邦画ファンにはお馴染みの安藤昇氏も、かつては本職の安藤組組長である。
あるいは「天皇ごっこ」の見沢氏なども数えられるだろうか。
その意味では、松永氏がウェブに再帰する可能性はない訳ではない。
やりようによっては、という声があることも事実である。
私も半ばそう思いたいところもある。

そうこうしていると、オーマイニュースに松永氏へのインタビューが掲載された。
http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000002238
早速いくつものコメントがつき、コメント欄は閉鎖された。
記事そのものは、取り立てて特徴のないものなのだが、目を引いたのはそこに掲載されている写真である。
「松永氏がこれまでに書いたブログ系書籍・雑誌の山 撮影者:松永英明」
とキャプションにはある。
それを暫く眺めていると、不思議に一抹の寂しさが浮かんでくる。
やや稚拙なインタビューを読んでゆくと続けてこう規定もしていた。

「松永:主な仕事はライターですが、ジャーナリストでもなければ芸術家でもありません。依頼された内容について、わかりやすく読みやすい文章を作る「職人」のようなものです」

アルファブロガー、Web2.0.
そうした単語が無条件に散見してもいる。
この文脈での世界、その中での松永という名前なのだろう。彼にとってそれはある種の暖簾であり、手に入れたブランドのひとつなのだ。
それは悪いことではないが、セルフ・ブランディングというのはそれなりに難しいということも付け加えたい。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

大人の対応については、思うところもあるが今は書かないでおく。
先の「夜話」を参考にされたい。
http://kurosaki-yowa.seesaa.net/article/25311059.html

posted by 黒崎 at 02:28 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする

他者なき物語

黒崎@他者なき物語


「私にとってオウムとは何だったのか」(早川紀代秀 川村邦光著:ポプラ社刊)という本があるが、実はこの本には極めて巧妙なオウム擁護論が含まれていると批判されている。
宗教弾圧の歴史から始まり、戦前の日本人の心性にまで言及しながら、「オウムは我が隣人」というばかりではなく、私たち自身でもあると川村氏は明言していた(前掲:318頁)。
「夜話」の読者には、この理屈がネット上の何処かで聞いたことのあるものだとすぐに想起されることだろう。

一般にこのような問題に関して宗教学者が書いたものを読む場合、論文としての歴史的事実の列挙以外の記述には十分注意する必要がある。
何故なら、宗教学というものが仮にあったとして、それはその守備範囲から世界を眺めるからである。
分かりやすく言えば、例えばユングがその理論で世界の全てを語ろうとし、結果的にナチズムと同調していったという歴史的な事実を指摘すれば良いだろうか(#ユングはナチへの協力を戦後極力隠蔽しようとしていた)。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

前掲書、早川被告の書いた部分を読んでいると、奇妙な幻視感にとらわれる。
夢の中にいつまでも漂っているかのような、不思議な現実味のなさである。
逮捕後10年獄中にいるのだが、その故か、事件の個別的な部分では時折反省もするのだが、また何時もの思考に逆戻りしてしまう。
それは真理への追及であるとか、グルへ自らのエゴを預けた心性の解析であるなど様々であるが、一言で言うと決定的に他者がいないのである。
興味は自分の精神そのもの、その推移であって、最後までそれに拘ってゆく。

例えば林邦夫の「オウムと私」(文春文庫版)を読んでいても、何処か似たような感触は残った。前半部、生い立ちと学生時代、そして出家の辺りまでは実を言うと比較的に退屈である。懐かしい記憶をなぞっているかのようでもあった。
ようやく読み応えが出てくるのが、逮捕されてからの内省で、ここで始めて他者というものが林被告の意識の中に浮かび上がってくる。
それは担当刑事であったり検事だったりもするのだが、具体的な他者との接触によってようやく麻原を相対化する発端に辿りつく。
早川と林被告も、共に女装をして逃亡していたのだが、あ、オカマだと指さされたことや、全く意味のない指紋除去のための手術を回想する場面は、オウム特有の何処か失笑を誘うような行動様式、現実味のなさも漂っていた。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

翻って、松永氏の物語に戻る。
今の段階では生い立ちと学生時代、そして出家とその直後辺りまでが描かれている。
途中何度もノベルス作家にもう少しでなれたことを繰り返し、お世話になった方やその社のことを実名で記している。その方々に万が一の迷惑がかかるということは全く想定していなさそうであった。これには実は大きな意味がある。
私が感じたキーワードはいくつかあるが、例えば松永氏は祖父の姿を半ば精神的な支えにしていたような感触も残った。
それは、我が国近代化の過程の中で、いわゆる史的唯物論が果たしてきた役割と存在のあり方を問い直す契機に繋がるのかも知れない。
歪んだ系譜としてのオウム。やや難しく言うと「逆行したモダニズム」である。
これは吉本隆明などが一時、社会変革の思想としてオウムを美化していたことなどを想起させる。

それらはさておく。
今の松永氏の現状では、この続きを書くことはかなり困難だろうと思われる。理由はいくつもあるが、まず書くためのモチベーションが何であるのかを想定しなければなるまい。
しかし松永氏はこう書いている。

「退会後、信者にはいくつか方向性があるけれど、教団を批判することで社会に認めてもらおうと必死になるのはちょっと自分には合わないと思ってます。悪口をいうことが免罪符ってのはどうも気持ちが悪い」9月12日追記分
http://aum-aleph.g.hatena.ne.jp/matsunaga/20060318

いかにもの言い方である。
残念ながら今の段階ではこの程度の認識しか持てないのだな、という気分も個人的には残った。
ことさら批判のための批判をする必要はない。そんなものは為にするものだと分かるものである。
だが、自らが信じていた教義を社会の中で相対化し、麻原を再評価することは、必然的に教団の教義や活動への批判的な視線を含むものであることはほとんど自明だろう。単純に何々派への批判には留まらない。
そしてそれは、自らの再構築の過程でもある。

posted by 黒崎 at 01:27 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。