2006年10月13日

物語の効用

黒崎@物語の効用


ここで私は、不思議に泉氏のことを思い出している。
夢は果たされたのかどうか。

仔細に見てゆくと、松永氏の言には論の飛躍がある。
まずは、何故過去の経歴について「徹底的に叩かれ」(氏の表現による)ているのかが理解されていない。叩かれるとか罵倒されていると感じているのは彼の主観であり、現状認識である。

そして、唐突に「閉鎖」という言葉が出てきていた。
「関係ない他人のサイトが俺のものだと濡れ衣を着せられて迷惑をかけるだろうし、そうなれば自分自身がウェブに再帰することも不可能になってしまう」どこが「そうなれば」なのかが私には理解できないのだが、結語は自分がネット上に再帰することだと正直に吐露もしていた。

「ハンドルや筆名を変更するにしても、変更するということそのものを公開していくしかない」
と氏は書くが、その理由は述べられていない。
そして、また面白い単語が続く。「さもなくば」である。
「さもなくば、ネットには一生近づかないよりほかないだろう」
ここにもある種の飛躍があって、今後ますます社会のインフラのひとつとして認知され推移してゆくネットに、一切近づかないで生きてゆくことができるかどうか。
できはしないのであって、これは口先だけの極論だと言われても仕方がないように思える。
問題はウェブ上で何をするか、しようとしているかなのである。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

松永氏の河上イチロー時代のネット上での活動は、今となってはよく知られている。
http://kurosaki-yowa.seesaa.net/article/24661172.html
この他にも資料的な価値のあるいくつかのサイトはあるのだが、今は割愛しよう。
自身が書いていることと第三者が記録・評価していることを擦り合わせて私たちは推測し判断もしてゆくものだが、過去に何をしてきたのかということについては、なかなか人々の記憶からは消えない。
それは個人の夢とか志向とはまた別の次元のお話である。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

「そう言ったら「強いね」と言われたことは確かにあるが、強いのではない。他のやり方を知らないだけだ」
松永氏はそう書いてそのエントリーを終えていた。
確かに知らないだけなのだろうと思う。
学ぶ機会を逸してきたのだろうとも思う。

であるから、
「私は『松永英明』として活動しはじめたことがきっかけとなり、『松永英明』としての生き方を選ぶために、また『松永英明』としての活動で資金を作ることができたために、アーレフを離れることとなった(あるいは離れることが可能となった)わけです。ですから、この名前には大きな意味があると感じています」
と書くのである。

posted by 黒崎 at 23:20 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする

世界との距離

黒崎@世界との距離


あまり書きたくはないが、少し。松永氏の言である。
http://d.hatena.ne.jp/matsunaga/20061011

>自分が書いたことに対して見当違いの罵倒や攻撃をしてくるような連中など、はっきりいってどうでもいい。

>ここまで自分の過去の経歴について徹底的に叩かれ、暴かれ、さらには意味不明な疑惑までかけられてしまうと、開き直るしかない。閉鎖したらどうせ「逃げた」と言われて、関係ない他人のサイトが俺のものだと濡れ衣を着せられて迷惑をかけるだろうし、そうなれば自分自身がウェブに再帰することも不可能になってしまう。だったら、もう開き直って、こういうキャラとして生きていくしかない。ハンドルや筆名を変更するにしても、変更するということそのものを公開していくしかない。さもなくば、ネットには一生近づかないよりほかないだろう。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

おそらく、これが氏の偽らざる心境と決意、そして社会認識だろう。
そもそもの発端となった野田氏の一連の記事に対する激しい憤りも、何度か氏は文章化している(#下記URLにも見られる)。
注意深く読んでゆくと、かなり強い単語が並んでいるのだが、そうした傾向は今に始まったことではなく、例えば2004年のこの辺りでも垣間見られる。
[はてな]キーワード「チャンコロ」登録案
http://d.hatena.ne.jp/matsunaga/20040616#p4
類するものは結構な数あるようなのだが、ひとつふたつ眺めているうちにうんざりしてしまったので割愛する。

さて、
http://aum-aleph.g.hatena.ne.jp/matsunaga/20060318
http://aum-aleph.g.hatena.ne.jp/matsunaga/20060319
この辺りを時間のあるときに仔細に眺めていただきたい。

それから、例のWikipediaである。
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%9D%BE%E6%B0%B8%E8%8B%B1%E6%98%8E&diff=7796561&oldid=7642793
この編集に本人が加わろうとして失敗。その辺りの経緯は「夜話」に記してある。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

松永氏は以下のように書く。

>民主党・自民党の懇談会については、完全にブロガーとしての立場ならびに思考で参加させていただきました。すなわち、単に「ちょっと違ったところでおもしろい話が聞けて、それを皆さんにお伝えする」というだけの気持ちで参加したものであり、それ以上でもそれ以下でもありません。

>この経緯を見ていただければわかっていただけるかと思いますが、私は「松永英明」として活動しはじめたことがきっかけとなり、「松永英明」としての生き方を選ぶために、また「松永英明」としての活動で資金を作ることができたために、アーレフを離れることとなった(あるいは離れることが可能となった)わけです。ですから、この名前には大きな意味があると感じています。

部分的にはもっともなことが書かれている。
が、ここに見られるのは、端的に言って主観主義ではなかろうか。
現在、出家編まで連なっている「自伝的エッセイ」
全部読んでゆくのはかなり退屈なものなのだが、仮に斜めにそうしたとして、面白い符号・類似点に、暫くしてから読者は気づかれるだろう。

自分が興味があったから自発的に出家をした。
政党との懇談会もほぼそれに類した発想からである。
そして、筆名松永というものへの拘り、松永としての生き方もまた、外から眺めれば極めて個人的なものなのである。

posted by 黒崎 at 23:12 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする

Masuqurade 2

黒崎@Masuqurade 2


ここから、ネットが「仮面舞踏会」であるという流れにもってゆくのは簡単だが、些か品がないのでやめておく。

白金台の庭の見えるところにホテルがある。
その二階は作家・開高健さんの定宿であった。
確か葉山の辺りからグラビア誌の編集のために時折上京し、ここに泊まっていたのだと何処かで読んだ覚えがある。「太陽」の特集号だったかも知れない。開高氏の奥様は詩人。「太陽」では冒頭にやや難解な追悼文を載せていた。
開高氏の死後、娘さんが鉄道事故で亡くなる。
確か数年前だと思うが、奥様が葉山のご自宅でお一人で亡くなっているのが発見される。
仔細は忍びないので省くが、その記事を読んだ時、なんとも言えない気分になったことを覚えている。

私は開高さんのあまりいい読者ではないのだが、「ずばり東京」というルポは高く評価している。高度成長真っ盛り、東京オリンピック界隈の東京の変貌を週刊誌に連載していたものである。
後の「ベトナム戦記」も密度が高い。
どちらかと言えば小説「夏の闇」あたりよりも良いもののような気もする。
ベトナムでいわゆる解放軍兵士が、痛いとも苦しいとも言わず、あたかもアリか虫のように死んでゆく様を記述しているところなどは、宗教・文化の違いというだけで片付けていいものか。
後のキューブリックの映画を思い出したりもした。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

開高氏は、途中から書けなくなったと自分で何度か告白されている。
昭和30年代後半と言えば、例えば実存主義などが全盛で、作家も社会参加をすることが要求された。「何でも見てやろう」の小田実氏などが絶え間なく元気だった時代でもある。
例えば日活映画、裕次郎主演の文芸作品などでも、安保闘争のデモが点景として登場するのだから、政治参加というのはひとつの風俗にまで至っていた。
この辺りの事情は、第一次大戦後のヘミングウェイやフィッツジェラルドなどが半ば徴兵逃れのために従軍していった経緯とも重なってくる。
従軍は彼らにとって、何処かロマンチックだったのだ。
「あなたたちは失われた世代なのよ」と語ったパトロンヌの名前がすぐに出てこない。
ドルが強かった頃、作家の卵たちは欧州で遊んでいる。
ヘミングウェイの孫、モデルをしていた彼女の最後については、コピーライターの秋山晶さんが興味深い一文を書かれていた。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

白金のそのホテルには地下にバーがあって、髪を後ろに縛ったバーテンダーがやや大振りなグラスでマティニなどを作る。
大振りが好まれるのは、正確に量を調整しなくてもいいからだと私は想像していた。
葉巻も置いてあるが、ダビドフとコヒバくらいなもので、葉巻を入れてある杉の木箱を細かく切って置いてあったりはしない。それで火を点ける遊びは割愛である。

作家であれ誰であれ、個性というものがひとつの商品になっている世界がある。
皆が皆、踊らなくてもいいのだが、それをせよという声も聞こえる。

posted by 黒崎 at 15:55 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする

Masuqurade

黒崎@Masuqurade

レオンラッセルが作ったこの曲が好きで、今も出だしだけは歌える。
マスカレードとは「仮面舞踏会」のことを指す。
カーペンターズやジョージ・ベンソンなども吹き込んでいて、そちらの方が聴きやすいのだが、どちらかと言えばレオンの粘るような歌声の方が私は好みだった。
何時だったか地方都市のJAZZ喫茶で、ブルース・ブラザーズのサントラの後にこれを録音してもらい、真夜中の犬のような気分で東京に戻ってきたことを覚えている。夏の終わりの高速は空いていた。

レオンには、ハイウェイに独り取り残され、しかも雨であるという、そんな失恋の歌がある。
なんというアルバムだったか。
トレーラーが轟々と走るその脇を、とぼとぼと歩く。
相手が女であるか仕事であるか、情況こそ違え、誰にでもそんな坂道というのはあるもので、どこをどうやり過ごしてきたかは定かではない。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
posted by 黒崎 at 15:32 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。