2006年08月31日

世捨て人の欲

黒崎@世捨て人の欲


山頭火を語るIT系の課長がいた。
プチ出家というのが彼の夢だった。
彼は詩作に励み、部下の女性SEとともに臨海副都心の原っぱをいったりきたりした。
今その辺りには観覧車が廻っている。
彼の夢だったという、一冊の本は出たのだろうか。
女性SEとは何事もなく、彼女は二人の子供を生んで離婚している。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
posted by 黒崎 at 13:31 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする

リアルさの程度

黒崎@リアルさの程度


また、市民幻想のひとつが繰り返されているのだなという按配である。
ネットにおける仮想平等が、ジャーナリズムの世界も相対化してゆく。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

市民幻想とは何かというと、フリーターも会社の社長も、10代の若者も壮年・実年も、あらゆる属性がそこでは意味を持たず、平面で語られる世界でのお伽話である。
等しく一票には価値があるとされる。
そうした戯画は、鵜飼の鵜のように政治家へのインタビューをこなす自称ジャーナリストにも、その周辺でキーマンを演じようとした複数の彼らにもいえた。
ひとは進んで記号になってゆく。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

こういうことを書くと非常に誤解を受けるのだが、人は持っているものそれ以上を書くことはできないのではないか、という疑いを、私は薄く抱いている。

posted by 黒崎 at 10:43 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする

市民を笑う

黒崎@市民を笑う


「市民なんてのは60過ぎてからやればいいんだよ」
と書いたのは、事件屋稼業の原作者である。
客員教授はワンルームに棲んでいた。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

posted by 黒崎 at 09:49 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。