2006年05月12日

ドリームランド

黒崎@ドリームランド

泉氏のブログ、ジャーナリズムについて言えば、滝本弁護士へのインタビューを掲載した時がある種のピークであろうかと思っている。
あれが評価されるとすれば、ほぼ滝本氏の発言内容が濃いからであって、それ以外の理由は乏しい。実を言えばインタビュアーは誰でもよかった。

5月1日と言えば、連休入りかけ、前のインタビューのあまりの酷さに滝本先生も随分ご立腹の様子だった。
岩波から出ていた「オウムと破防法」のブックレットは、私も当時読んだ覚えがある。
破防法というのは天下の悪法で、人権派の弁護士や文化人がこぞって反対をした記憶があるが、あれから10年余。世の中はその文脈から言えば更に悪く、複雑にもなっている。

公安調査庁は法務省の中にある。
独自の捜査権を持たない。実際の事件の時も警視庁の公安部が陣頭指揮を行っていて、複数のジャーナリストから、情報を流すならば警視庁の方だよとのアドバイスを受けた。

世の中というのは不思議なもので、一定の事実が提示され、それが一塊の量になると質的な変換がおきる。そしてそれは不可逆なところがある。
分かりやすく言えば、例えば男女平等という概念は、雇用均等法の施行以後、様々に矛盾はあったとしても社会に定着し、例えば女性が上司であることがそう珍しくなくなって久しい。どう男達が夢想しても、昭和30年代40年代のBG(ビジネスガール)の段階には戻ってはゆかないのである。

一年前、例えばガ島通信は既存のマスコミに飽き飽きした人たちの中で、悩める良心の灯であった。彼が辞めざるを得ない今の新聞業界への憤りを、湯川氏が心情的にエントリーに揚げ、それを支持する声もまた高かった。
彼は、腐った業界の中で僅かに残った迷える良心的記者の立場を演じていたのである。
実際はそうではなかったのだが。
この辺りは真性引き篭り氏の「藤代裕之〜裸の駄々っ子」に詳しい。
http://sinseihikikomori.bblog.jp/category/fujisiro/

転職に際しては、R30氏が自らを振り返ったアドバイスを行う。
ガ島こと藤代氏が地方紙を辞め、日経のサイトで連載を持つ。
それを背景に新たな転職を試み、おそらくは単身で上京を果たす。
ブログは、彼にとって階級上昇と人脈作りのツールであった。
NTTレゾナンスに勤務して以後、例えば2005年の衆議院選挙の特集を組む。そこには泉あい氏も含まれていた。泉氏はそこで、ドメスチックバイオレンスが原因で離婚をしたと自らのプロフに書かれている。
湯川氏はその特集を自らのブログ・エントリーで誉める。
なんのことはない、同じ世界でぐるぐると廻していただけであった。
ライブドアが堀江被告を中心に、全盛期だった頃でもある。
オフ会が煩雑にくりかえされ、一部はSNSに代替されてゆく。ただ、公の場としてのブログは捨てさることもできない。
完全撤退をすれば自分がいなくなってしまうからである。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

「一年の後」という小説が、フランソワーズ・サガンにある。
かつての花園は見事に廃園になっている。
ガ島君を心情的に応援していたコメンター達は表だっては消えた。
泉氏のブログにその一部が流れてきていたようだったが、また客層が異なり、もうすこしプリミティブで情緒的である。
「下流社会」という本がベストセラーになったものの、考えてみるとネットというのは今の時代一番安い娯楽であるのかもしれない。
誰しも、自分のなりたいものになれる。
ジャーナリストと先に名乗った方が勝ちである。あるいはマーケティングとか。
実生活で、心ならずもあれこれのあった方々が、パソコン一台あるだけで不思議な夢を見ることができる世界でもあった。

離婚、性癖、病気。年齢的な制限などからの更新拒否。
現実の世界はとても辛い。ネットというのは自分のなりたいものに近づけるところでもあって、ドリームランド、仮面を被った遊園地にも似ている。
党首インタビューを果たした本人は、その後出会い系サイトでサクラのバイトをしていた。それを自らのエントリーで公開する。男達はそういうものにお金を払うのだという。ホステスの経験もあるけれども、すぐにセクハラをすると書く。メールレディのバイトも、すぐに携帯アドを教えろと男達はいうから嫌だと。こんどはWebカメラを使ってチャットレディをしてみたい。
「昼間は派遣でOL。夜はチャットレディで稼ぐっていう生活もいいかも」
http://gripblog.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/post_ad08.html

いつまでも夢をみていたい。ちやほやされていたい。私には夢があるから今こうしていることは仮の姿なのだとおもう。
それはそれ、全く構わないのであるが、緩やかに観客は飽きてゆく。
この程度であるならば、別の対象があるのではないかと廻りを捜し始める。
何故なら、書かれた文章そのものを読んでいるのではなく、その背後にある物語を追っているだけだからだ。
2.0と盛んに言われている概念の根にあるものは、決して新しいものではなく、新自由主義の時代におけるセルフ・ブランディングを表層的に語っていることが多い。
格差社会は確実に進行している。残された仮想平等の場所はネットだけであるのかも知れない。

おそらく、数ヶ月の後には今とは全く違う様相になっていると思える。
グレーならばグレーのまま、何一つはっきりとはせず、次にゆくのだろうとは思われる。ただ、ひとつの山場は確実に過ぎたという感触が薄く広がってもきている。
posted by 黒崎 at 20:24 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする

うるせーな

黒崎@うるせーな

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1146538840/l50
454 :朝まで名無しさん :2006/05/12(金) 09:35:41 ID:6LEnQ0mR
黒崎だんだん壊れてきたな。

ttp://kurosaki-yowa.seesaa.net/
> これが、泉氏のブログに未だ掲載されているume氏からの裁判するぞ、のエント
> リーと極めて構造的に似通っていることに注意していただきたい。

一体何が言いたいのやら。

・構造的に似通っていない抗議文なんてあるのか?
・構造的に似通っていたら同一人が書いた可能性が高いとでも?

そんな話よりumeの弁護士から連絡があったかどうかが知りたい。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

うるせーなあ。
先走ってあれこれいうなよ青少年(笑)

あるわけねーだろ。
一切、なにもないよ。
君はそれを信じていたのか‥。

#まあ、壊れているというのはやぶさかではないな。
今時差あるとこにいてなー、ジンの濃縮を大分飲んだ。
筍の煮物くいたい。
posted by 黒崎 at 10:05 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする

わたしだけ

黒崎@わたしだけ


「実を言うと私は、松永氏がオウムから脱会しようがしまいがどうでもいいと思っている」と、前のエントリーに書いた。
生活ができないとか自暴自棄とか様々に言われているが、例えば今日の日本は一日に200人からの人間が自殺を図っているという。
そのことを頭に置くと、またその意味は違ってもくる。

松永氏の脱会はあくまで氏の人生の選択、個別的な問題である。
脱会をなしたからといって、そのことだけで彼のしてきたことが減罪される訳でもない。現役オウム信者の時に、民主党や自民党のブロガー懇親会に参加したこと。
その中心点に泉あい氏がいて、泉氏のオウムに対するスタンスを黒崎が問うたこと。
その過程でume氏なる人物が黒崎を訴訟すると脅してきたこと。
そしてそれは今も続いていること。

時事通信社の編集委員湯川氏は、ume氏と何度も話し合った末、例のインタビューを掲載している。オウムと疑われていて職場を退職したというume氏の主張に対し、湯川氏は名誉毀損としてコメンター、つまりは黒崎を訴えるべきであると盛んに主張した。
しかし、湯川氏はそのコメント欄自体を読んでもいなかったのである。
そのインタビューはスポンサーである富士通に削除され、湯川氏の弁明と総括はその前提からして虚偽のものであったことが明らかになった。
編集権は残ったものの、スポンサーロゴは外れ、ネットにおける信用は地に落ちていると言って過言ではない。参加型ジャーナリズムを語る本のタイトルが「ネットにやられてたまるか」などと編集者に推されているに至っては、半ば無残さを記録するための本であるかと皮肉を言われても致し方ない段階に入ってしまっている。

中心にいたのは泉あい氏である
彼女に関わった男達は皆、相当に惨い目にあってしまった。
前回のインタビューで中心的な役割を果たしたジャーナリストの佐々木氏、元業界誌記者で現在は教育関係の企業に勤めるアルファブロガーのR30氏などは、湯川氏の周辺で廻る広義の同業者であるが、今回の滝本弁護士のインタビューでは滝本氏に痛烈に批判されてしまっている。
それはある意味では当然のことだが、泉氏は彼らに対しての弁明をすることはなかった。ひとりでは松永氏のインタビューなどできる能力もなかったのだと何故言わないのだろう。

ネットの浮遊層は、泉氏のオウムに関する認識が深くなる紆余曲折をジャーナリズムと呼んでいる。
教え諭すように滝本弁護士は泉氏に講義をしていたが、なに、前のインタビューでもR30氏の言葉に深くうなづいていたのは泉氏であった。
オウム信者の特徴のひとつが「幼稚さ」であると滝本氏は看過していた。
それを追う自称ジャーナリストもまた幼稚である。

そのことを自覚しているのか、眼を見開き曖昧に言葉を濁す。そうしたニュアンスは、例のインタビューで、湯川氏が語りかける口調などにも現れていた。
性差別ではないのだが、これが39歳の男であったらこうしたやり方は社会的にも文化的にも許されないだろう。
この場合、泉氏は女性であることで客観的には大変得をしているようにみえる。そしてその姿勢は、バブル期に大量生産された民放の女子アナ、その地方版というか新小岩辺りでの劣化コピーを見ているかのようでもある。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
泉氏は以下のように言っている。

>滝本 :その前に泉さんはオウムなんて全然想像もしなかったんでしょう?

>泉  :そうです。だから当初は公私混同していた部分があったと思うんです。だけど、世間からの批判を見ていく中で、オウムの問題は今もこんなに大きな問題なんだと実感して、もっと見方を変えなくてはいけないんじゃないかと、たった数ヶ月の間に考えが変わっていくわけなんですが、そういうことを松永さんは11年間経った今でも整理できていないというのは、やはり自分にとってのプライドやなんかなのでしょうか。

滝本氏のこの質問は隙をみせたのか、リップサービスなのか(笑)
世間からの批判。たった数ヶ月の間に考えが変わる。
それにひきかえ松永氏は‥‥プライドが高いからなのか(おいおいそれはないでしょう)。
この辺りの論理のすり替えというか「わたしだけ」がベースになっている弁明の仕方を読者は記憶に留めておいていただきたい。

私がここで言っておきたいのは、泉氏のオウムへの見解、そのスタンスを始めに問うたのは黒崎であるという事実である。
なんだったら発言、再掲しましょう。


posted by 黒崎 at 08:35 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする

工作員と浮遊層

黒崎@工作員と浮遊層

巨大掲示板では、工作員が湧いた、という言い方をする。
情報操作が日常になっている場であるから、その真贋を見分ける術は下手な通信社の編集委員よりは確かにある。「踊らされた新聞配達」という文芸作品があったかどうか。
「郵便配達は二度ベルを鳴らす」のニコルソンは流れ者、ホーボーであった。
一方、付和雷同というかあちらこちらに浮遊している層も少なからずいて、長期的に見てゆくと固定ハンドルもしくは実名での信用は減じている。
基本的に定点がないこと、当事者ではないことからの無責任と、更にその時その時に場を仕切りたいがためなのだろうが、果たして実生活ではどんなものなのか。
オウム関係の本を読んだところで、その本質的な理解ができているとも思えなかった。
もしかすると一部の彼らにとっては、ネットこそが現実なのかも知れない。
滝本弁護士が指摘する、「現実感のなさ」という言葉を思い出す。

私は、あそこのコメント欄にはかねてより工作員が潜んでいると考えている。
応援の仕方が妙に、自己啓発セミナーの同志のような匂いがあって、時々出没してはまた消えてゆく。理論的に応援するということができないから、継続性がないのである。
それを眺め、これで名誉が回復したと考えるのは早計だろう。
鮫島氏が端的にまとめたように、この後の総括が問題である。
そして具体的な事実が明らかにされなければならない。
http://blog.livedoor.jp/soul_shadows/archives/50194102.html


posted by 黒崎 at 08:32 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする

同じ手口で

黒崎@同じ手口で

このインタビューが載った後、待ち構えていたかのように泉氏のブログには賛美のコメントがよせられた。
いわくよくやったと。これがブログジャーナリズムだと。
一方、巨大掲示板では黒崎への攻撃が執拗に繰り返された。
こんな感じ。

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1146538840/296-396
>365 :朝まで名無しさん :2006/05/10(水) 22:48:06 ID:gdBql1b1
何も、弁護士に頼めることは訴訟に関することだけじゃないんだから
「仕事」そのものは引き受けてもらえるよ。
黒崎によってumeに実害があったなら
それが裁判で勝訴を勝ち取れるかどうかは問題じゃない。
まずは黒崎を表に引きずり出すことからすればいいんだから。


見事に本音が出ているので、思わず笑ってしまう。
例の泉氏の滝本弁護士へのインタビュー(と題した滝本先生の講義)では、滝本氏へよせられた抗議文が紹介されていた。
全文引用させていただく。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/siryou2.html#8
―――――――――――――――――――――――――――――――――
資料 8株式会社なおぷるからの抗議状ー通知来ただけですが、ここに資料として掲げます。裁判とかを待っていたんですけれど。
「抗 議 状」
1999年5月31日到着ーなんで代表者からでないのか?

『貴殿の主宰している「カナリヤの会」ウェブサイトの「カナリヤの詩(特集)」ページ(http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/2html)において掲載された記事において、事実と相違する悪意ある掲載をし、もって当社の信用及び名誉を著しく毀損し、正当な営業活動を妨害している事実に対して、厳重抗議いたします。

当該ぺージの「Tオウム真理教ー関連会社の一部など。1999年5月27日掲載」という文章の中では、「−01株式会社なあぷる」として当社をオウム真理教と同一視し、なおかつ営業妨害することを主旨とした文章となっています。

具体的には、設立年月日や構成員の名前など誤りだらけの文章によってあたかも当社がオウム真理教によって設立されたのごとき印象をあたえています。さらに「わからん委員会名での本」などと言わずもがなの誹謗中傷を展開しております。また、当社発行の『週刊光源氏』に関して「そのみそは、数々の女性関係を経て、最後に「出家」をする光源氏に焦点を当てる事にあると感じられる」などと独善的な読解によって書籍の著作者の主旨をことさらに曲解し、また、悪意ある記者の主張をさらに曲げて転載することによってあたかも当社が「著名な源氏物語の研究者」をだまそうとしたかのごときデマを流布、さらに「ナサケナイ「真理のための嘘」でしょうね」などと、あたかも教団の意図によって当社が嘘をついているがごとき悪印象を植えつけることに汲々としています。

これらの内容は、当社の名義変更の日付が違っていることなど、事実から逸脱しており、当社書籍の内容を著しく歪曲しております。さらに、かつて一度もオウム真理教と関係を有したことのない社員をもオウム信者であるかのごとく伝える結果となっています。

したがって、この記事は虚偽を広めるものであり、その結果、当社の名誉並びに信用を毀損し、営業妨害を行なって損害を生ぜしめ、言論・出版の自由を侵害したものであります。

同ページには「マスメディアの人もそれなりに知っているだろうに、名誉毀損訴訟などが厄介だからかなぜか掲載しない。困ったもの」等と記載することにより、マスコミに対してこの種の名誉・信用毀損ならびに営業妨害、かつ言論・出版の自由を侵害する行為を勧めるような文面もあり、極めて悪質であると断じなければなりません。

滝本氏は弁護士であり、またオウム問題についての権威と一部では見なされている人物であり、その記述はいかに現実とかけ離れていようとも、一般には百パーセントの真実として受け取られることが多いと思われます。しかるに、そのような責任ある立場でありながら、ホームページで無差別に大量の人々にこのような虚偽の情報を閲覧させております。これまでの報道においてはイニシャル等で伏せられていた社名も明白にされており、それによって、当社と書店との取引関係が阻害されるおそれも十分にあります。

よって、貴会において営業妨害、名誉毀損ならびに言論・出版の自由の侵害行為に責任があるといわざるを得ず、対処を強く望むものです。

さりながら、当方といたしましても、今後の貴会の対処によっては、過去の出来事に関して宥恕すべき意思がないわけではございません。以下に要求を列挙いたしますが、これらに対して誠意ある回答がなされることを願っております。

では、正式に以下の対処を要求します。

一、当該ページより「なあぷる」に関する記述の一切の削除。
二、別のページおよび別媒体での同内容の情報提供の停止。
三、弊社に対する公式な謝罪。

以上の抗議・対処要求について、誠実な回答を本年六月二日までに当社にお寄せいただくように求めます。この回答の内容に従って、今後、具体的な処置を求めることと致しますが、もし回答なき場合は即刻、弁護士と相談の上、当該ページの公開停止、および名誉毀損・信用毀損に基づく損害賠償請求等の訴訟も検討することになりますので、ご了承ください。

平成11年5月28日東京都文京区本郷2−36−2−402
株 式 会 社 な あ ぷ る
取 締 役 E 君 ( ヴ ァ ラ カ ツ 君 ) ー転載にあたり匿名にしました。
神奈川県大和市中央2丁目1番15号パークロード大和ビル2階
カナリヤの会 滝本太郎 殿』
(引用ここまで)
―――――――――――――――――――――――――――――――――

これが、泉氏のブログに未だ掲載されているume氏からの裁判するぞ、のエントリーと極めて構造的に似通っていることに注意していただきたい。
http://kurosaki-yowa.seesaa.net/article/17480280.html
また、泉氏は以下のようにも言っている。
http://gripblog.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/__c076.html#more

>takaさん
>umeさんは弁護士さんに相談して動いている最中のようなので、お答えできないと思います。
それに、takaさんの質問の趣旨が全く書かれてないので、趣旨を理解しないまま私が動くことはできません。
どの様な趣旨なのか疑問に思う質問でも、自分に対するものには出来る限り答えておりますが、趣旨を理解していない私が代わりに質問をすることはできませんのでご理解ください。

>あと、湯川氏が自ブログ内で、「約1時間ほどコメント爛をざっと読みました。さっと読んだからかもしれませんが、名誉毀損にあたりそうな発言を見つけることはできませんでした」と言っておられますが、いかがですか?

これは私へのご質問と思いますので、お答えします。
黒崎さんがコメント欄へ書かれた内容に事実とは違うことが多くありましたので、私は何度か否定をしましたが、聞き入れていただけなかったようです。
そのことで名誉毀損をされたと判断されるのはumeさんご本人ですので、ご本人の考えを私は尊重します。

投稿 泉 あい | 2006/05/03 22:00:20
―――――――――――――――――――――――――――――――――
ここでは泉氏は、
黒崎さんがコメント欄へ書かれた内容に事実とは違うことが多くありましたので、私は何度か否定をしましたが、聞き入れていただけなかったようです
と、一歩踏み込んだ発言をしている。
ところが、泉氏が名誉毀損の具体的な発言を指摘することはできなかったのは、これまで何度も書いてきた通りである。

posted by 黒崎 at 06:58 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする

どうでもいい

黒崎@どうでもいい

http://gripblog.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_b52b.html
滝本弁護士のインタビューを興味深く読んだ。
結論から先に言うと、これは泉氏もしくはその周辺が考案した、巧妙に仕組まれた弁明の物語であるという印象が強かった。

泉氏のブログでのカテゴリーはこうなっている。
「現・元オウム信者と社会の関わり」
始めからこのテーマ・命題で書いている訳で、必然的に社会復帰などが重要な課題となってゆく。つまりテーマの立て方・命題の中に一定部分の結論が含まれているのである。
信教の自由、あるいは我が内なるオウムといった論の後に、松永氏のオウムからの脱会、その定義と難しさなどがテーマになってゆく。そして社会復帰と。

それはそれで構わないのであるが、原点に戻る。
実を言うと私は、松永氏がオウムから脱会しようがしまいがどうでもいいと思っている。滝本氏は「麻原を観想しないことがオウムからの脱会である」と定義されているが、これに対しても微妙な疑義が残る。だが、それについては今は触れないでおく。
松永氏がライターとしてはもう終わりだという声もあるが、それは個人的な事情であって誰のせいでもないだろう。仕事は他にもある。
才能を惜しむ声もあるが、松永氏はオウムの中では明らかに特権的なエリート層であって、問題は更に底辺や周辺にいる信者ではないのかという気もする。
オウムというのは極端な階層社会だった。学歴やその容姿。支配と被支配の関係の凝縮された集団でもあった。グルのしもべ達。
松永氏のオウムからの離脱、そのいきつもどりつを、ひとつのモデルケースとして論じることはある意味で危険だと思う。
これについてはゆっくりと書いてゆく。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

一方滝本氏は、オウム信者は通院歴があったりすると比較的簡単に生活保護を受けることができると言われていた。その制度を悪用して分派が形成されていたりもするという。

ここで私は「ワーキング・プア」という言葉を思い出した。
これは簡単に言えば、働いてはいるものの生活保護基準以下の生活水準にある世帯を指す。ある学者の指摘によれば、東京・横浜など大都市周辺であると、一世帯年収500万円がひとつの基準とされるという。子供が9歳と4歳。
夫婦揃って500万の収入から、公租公課その他の経費を差し引くと、大体生活保護基準の生活扶助、教育扶助、住宅扶助などとほぼ同程度の額になるのだという。
様々な試算はあるものの、平均して全世帯の1〜2割の家庭が、このワーキング・プアに該当しているのではないかという指摘もあるという。
実感としてそれはあるのかもしれない。
具体的に就業構造基本調査でみると、15〜34歳の男性の収入は正規、非正規をとりまぜて250万未満が28.1%。200万以下が14.8%(2002年)。
2級地の1の単身者の勤労者額面換算の生活保護基準は210〜220万。
すると15〜34歳の男性のほぼ2割ほどがワーキング・プアであることになる。

働いても生活保護以下の暮らししかできない。ということになれば、これは資本主義社会のモラルハザードをもたらす。それに対しては、生活保護の水準を引き下げるという方向で見かけ上の解消を図ろうという動きが次第に強くなってきている。格差は下部に向けて広がっている訳である。

ある層に関して言えば、働かない方が暮らしやすい。
例えばそこにオウムからの離脱者が入り込み、ネットなどで活動をくりひろげたらどういうことになるのか。
滝本氏の指摘は、そんな想像を広げさせてくれた。

posted by 黒崎 at 06:30 | TrackBack(0) | 夜話 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。